盗撮事件の解決事例

1、検察官によって処分が違う? 他の事例を見せて不起訴となった事例

 

2、被害者不明で示談ができず、しかし不起訴になった盗撮事件

 

3、自首をして、不起訴になった盗撮事件

 

4、同日に2人を撮影し、示談できても罰金刑と言われていたが、不起訴処分になった事例

 

5、上半身の盗撮事件

 

6、被害者不明で不起訴となった盗撮事件

 

7、罰金寸前で示談が成立した事例

 

8、新幹線内での盗撮の事例

 

9、一度破談になってから示談が成立した盗撮事件

 

10、長くかかったが穏便に解決できた盗撮事件

 

11、診療費分以上を上乗せして示談した盗撮事案

 

12、盗撮前科のある被疑者の盗撮事件

 

13、以前罰金刑になっていた盗撮事件

 

14、贖罪寄付により不起訴となった事例

 

15、示談も寄付もしないで、不起訴となった事例

 

16、受験直前の高校生への盗撮事件

 

17、示談できなくても、不起訴になった盗撮事案

 

18、被害者が特定できないため示談できなかったが、贖罪寄付で不起訴になった盗撮事案

 

19、地方からの出張で気が大きくなり起きてしまった盗撮事件

 

20、被害者と示談できなかったが、贖罪寄付で不起訴になった盗撮事案

 

21、被害者が特定できていたにも関わらず示談せず不起訴となった事例

 

22、設置型の盗撮、被害者が不明だったが不起訴を獲得した事例

 

23、被害者がいたが贖罪寄付で不起訴となった事例

 

23、3人を同時に撮影した盗撮事件

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか