診療費分以上を上乗せして示談した盗撮事案

最終処分:不起訴

解決までの期間:4カ月

 

1.駅のエスカレーターでの盗撮事案

この件も、駅のエスカレーターでの盗撮事案です。

失礼な話かもしれませんが、よくある話ではあります。それは警察の方でも同じであり、そのような盗撮しやすい場所を警戒しており、それで見つかったという事情もあります。

被害者様が女子高生ということでしたので、検察経由で連絡をしたところ、お母様とお会いして、謝罪することになりました。

 

2.被害者様に与えてしまった心の傷

最初、被害者様のお母様とお会いしたところ、被害者様の心の傷が大きく、示談の意向はないということでした。

即ち、被害者様は通院をし、エスカレーターにも乗れない状態にあるとのことでした。謝罪文も携えましたが、受取りを拒否されました。

 

このような状態であることを依頼者に伝え、診療費を当然入れるということで、再度示談の打診をすることになりました。

当方から、被害者様のお母様に、お話を何度か差し上げました。

「お金で済ませるつもりは毛頭ない。しかし、お嬢様の心の傷を癒やすにも、お金がかかることですし、また、将来のためにはお金が必要な場面も多い。そのような観点から、お金を受け取ってはいただけないでしょうか」

と平身低頭お願いをしました。

このような見地から、実際に掛った診療費以上の金額を上乗せして再度、お願いを繰り返しました。

 

その結果、どうにか示談をすることができました。被害者様にも、回復して欲しいという気持ちを伝えた結果、示談ができた案件でした。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか