児童買春事件の解決事例

1、丁寧な示談交渉で、不起訴となった児童買春事件

 

2、二度の逆転で不起訴になった、児童買春事件

 

3、遠方の自首に同行し在宅事件となった買春事件

 

4、わずかの差で逮捕を免れた買春事件

 

5、児童買春が嫌疑不十分で不起訴となった事例

 

6、粘り強い交渉で示談が成立した事例

 

7、静岡県で自首することで不起訴処分となった事例

 

8、事前に警察に出頭し、在宅事件での対応を求めた事例

 

9、刑事告訴前に示談し、刑事事件化を回避した事例

 

10、接見に行かない国選弁護人

 

11、18歳未満と関係を持ち、児童買春かと不安に感じ自首により解決した事例

 

12、弁護人が身元引受人になり逮捕されず不起訴となった事例

 

13、児童買春したことをネタに恐喝された自首事案

 

14、余罪多数の児童買春の案件で、途中の解放に成功し、略式裁判で終了した事件

 

15、自首等により不起訴を獲得した事例

 

16、奇跡的に不起訴となった児童買春事例

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか