財産事件

2022年05月24日

窃盗の解決事例

1、執行猶予中にも拘らず罰金刑で済んだ、異例の万引き事件   2、執行猶予中の再犯であったが、再度の執行猶予となった事件(クレプトマニアの解決事例)   3、勾留までいった窃盗が1... 続きはこちら≫

2022年05月24日

余罪が多数ある窃盗事件で、保釈をし、その後の再逮捕を防止した事案

罪名:窃盗   事案の概要 本件は、宿泊施設内で、他の宿泊客の荷物などを盗んだとして窃盗罪で逮捕された事案でした。 逮捕容疑以外にも同種の余罪が多数あり、被疑者もそれを認めていました。通常で... 続きはこちら≫

2022年04月25日

窃盗の逮捕・起訴に関する質問(2021年11月16日~)

,

質問1 バイト先で余剰金から数千円借りて、後日返そうと思ったが返せず、防犯カメラを証拠隠滅のため破棄してしまいました。 自首を検討しています。   回答 窃盗罪や、器物損壊罪が成立する可能性... 続きはこちら≫

2022年04月21日

詐欺に関する質問(2020年9月17日~)

,

質問1 友人が3件の特殊詐欺で起訴され、懲役の判決が出ました。 計3件のうち2件は既に示談が成立しており、1件は一切の関わりを否認しています。 示談成立ができない現状では、控訴しても執行猶予を貰える可... 続きはこちら≫

2022年03月31日

詐欺の解決事例

1、多額の取り込み詐欺事件で執行猶予が付いた事例   2、被害が高額な振り込め詐欺の受け子案件で執行猶予が付いた事例   3、被害総額が2000万円を超える特殊詐欺の受け子の事件で... 続きはこちら≫

2022年03月31日

特殊詐欺事件において、執行猶予付き判決を得た事案

罪名:詐欺等 最終処分:懲役3年 執行猶予5年   1. 事件発覚からご依頼まで 本件は、20代の方が、特殊詐欺における受け子(被害者からカード等を受け取る役)や出し子(受け取ったカードでA... 続きはこちら≫

2022年03月29日

クレプトマニア(窃盗症)

クレプトマニアは、金銭的に困っているわけでもないのに、物を盗みたいという衝動・欲求を制御できず、盗んでしまう心の病気の1種です。一般的な窃盗と違い、盗むこと自体に快感を感じるため、盗む物は何でもよく、... 続きはこちら≫

2022年01月27日

住居侵入・建造物侵入に関する質問(2019年1月13日~)

, ,

質問1 私は元バイト先(バイトをしていたのは6年前)のトイレを無断で使用し、その際にトイレ内にサイフを置き忘れていた為発覚し、建造物侵入の容疑で取り調べを受けました。 またサイフを忘れた事に気付き、翌... 続きはこちら≫

2022年01月12日

窃盗・万引きに強い弁護士による解説

,

窃盗とは、いわゆる、「人のものを盗むこと」です。 窃盗は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処すると定められています。 大きく分けて、自転車やバイクなどの乗り物盗・車上狙い・万引きなどの非侵入... 続きはこちら≫

2021年12月09日

特殊詐欺事件において、黙秘を貫き不起訴となった事案

罪名:詐欺 最終処分:不起訴(処分保留)   1.事件発覚からご依頼まで 本件は、20代の方が、ネット経由で現金受取のアルバイトを行ったところ、それが特殊詐欺の受け子であって、詐欺罪で逮捕さ... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか