詐欺に関する質問(2023年6月25日~)

質問1

Twitterの資金調達で、キャッシュカードを3枚送ってしまいました。

2枚は口座開設したんですけど、そのためにしたわけではなく、返ってくると言っていたので自分で使う用に開設しました。

しかし、開設してすぐに送ってしまっているので、信じてもらえたのか分かりません。

口座から、お金が送金され引き出されていました。ネットで見ていたら罪になると書いてあり、1人で行く勇気がなく第3者の方に着いてきてもらい、警察に行きました。

今後私はどうなってしまうんでしょうか?

 

回答

伺った事情の限り、犯罪収益移転防止法違反になる可能性があります。

初犯であれば、罰金刑になる可能性が高いでしょう。

正直に警察に話をしたのであれば、自首が成立する余地もあり、今後逮捕される可能性は低いでしょう。【原田大士】

 

質問2

息子が特殊詐欺で懲役2年の判決が出ました。控訴するか検討中です。

今まで示談交渉はしてませんでしたので、示談交渉で執行猶予を獲得できますでしょうか?

 

回答

全被害者と全額の被害弁償と示談ができた場合、執行猶予となる可能性が出てきます。

まずは、来所予約の上で相談していただくことをおすすめします。【杉浦智彦】

 

質問3

緊急雇用調整助成金を不正受給してしまいました。(指南役に騙されて架空雇用をしていた)

着手金など大きいお金がすぐ払えないのですが、分割で依頼することは可能でしょうか?

 

回答

条件によっては分割も可能ですが、事案により刑事弁護の費用は異なります。

雇用調整助成金の場合、刑事事件化するリスクをどのように対処するか、返還をどのようにしていくかなどに、弁護士を付けたうえで対策することも考えられます。

まずは詳しいご事情を弁護士に伝え相談されると良いかと思います。

弊所であれば、ご来所またはZOOM相談にて承っております。ご検討下さい。【原田大士】

 

質問4

Twitterで募集されていた副業で、指定されたカード情報で指定された商品を購入し、自分の家に届いた後指定された場所に送り返すという購入代行の副業をしました。

紹介者は自分のクレカで不正利用ではないと言っていたのですが、多分盗難のクレカです。

知らずに詐欺に加担してしまい、怖くなり警察に相談しました。その後の対応はどうすればいいのでしょうか?

 

回答

事件に巻き込まれた可能性を御認めになるのであれば、警察の指示に従って、正直に取り調べなどの捜査に協力していくことになるでしょう。

詐欺や電子計算機使用詐欺にも該当する可能性があるため、検事のところに事件を送るとか、起訴するとか、そういったことを言われたら、弁護士に依頼し、しっかりと情状面などをアピールしていった方が良いでしょう。【原田大士】

 

質問5

職場で友人が来た際に、ポイント不正行為をしてしまいました。

ポイントを取得し、そこから全額会計をしてしまい、バレて全部で20万ポイント位あると言われました。

一気に返済は難しいです。

明日の勤務は来なくていい、考えがまとまったら連絡するといわれました。

この後どうしたら良いのでしょうか。

 

回答

まずは会社に対して真摯に謝罪すると共に、一気には難しくても分割での返済などを申し出ていくべきかと思います。

【佐山 洸二郎】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか