詐欺に関する質問12

質問1

私は詐欺罪で逮捕、起訴され、執行猶予付きの判決を受けました。

被害者に対する示談書通りの返済が中々出来ておらず、被害者からも催促されております。

このまま計画通りに返済出来ない場合、私は再度逮捕されるのでしょうか?

 

回答

民事の損害賠償が継続できないことが、直ちに刑事上の「逮捕」という行為につながるわけではありません。

ただ、示談の約束通りの履行ができないなら民事裁判などを起こされる可能性もありますので、できる限り誠実に弁済する他ないでしょう。【山村暢彦】

 

質問2

風で飛んできた物が、車と当たる事故がありました。私は車を運転していた友人の隣に乗っていました。

その後、物の所有者側の保険会社から対応され、代車の支給と、通院費等を受けたようです。

休業損害も請求していたのですが、友人は期間内も他のアルバイトに出勤しており、私はそのことをちゃんと説明するか、請求を取り下げたほうがいいんじゃないかと説得しました。

そちらは取り下げたようで、最終的には通院費の一部を貰った段階で示談をしたそうです。

私は何度か代車の車内で、体調不良が出たフリをして診断書ももらったら、だとか、休業損害もらったらと発言を友人にしてしまった可能性があります。

ただ、本当に症状がないなら、嘘になるからやめておくべきだよとも、伝えていた記憶もありますが、私の発言のせいでオーバーに訴えたのではと不安です。

この会話の音声が出てきた場合、本人が本当に体調不良だったと主張しても、友人や私は犯罪になってしまうでしょうか?

事故状況についても、もしかすると友人に対してオーバーに説明するよう会話をしていた可能性もあります。

その後、友人がどのような説明をしたかはわかりませんが、私のせいで言うことを変えてしまっていた場合、犯罪になるでしょうか?

 

回答

拝見した限り、積極的に働きかけたわけではなさそうですし、状況的にもこれから刑事事件になることはないと思います。

今後は慎重に行動してください。【石﨑冬貴】

 

質問3

美容室で働いてる者です。数年前にお店の売上数十万円を横領してしまいました。

その後オーナーとの示談が成立し、月々の返済計画書を作成し、10万までは返済しました。

完全歩合制の業務委託の美容室で働いてる為、毎月の収入にバラつきがあります。

オーナーは返せる時で良いと言ってくれていたんですが、年々収入が減っていき、返すどころか生活もままならなくなってきました。

また、離婚して養育費も払っているので、それで返済が滞ってると言うのもあります。

オーナーに転職して返済していきたいと話したところ、それだったら警察に言うと言われてしまいました。

返済する意思があり、今の職場での収入だと厳しいから転職したいんですが、このままだと逮捕されてしまうんでしょうか?

 

回答

その状況だと、なかなか難しいところかもしれません。

先方に対して、たとえば自己破産するということを伝え、謝罪の意思を伝えるという方向で警察への連絡を避けてもらう方法もあるでしょう。【杉浦智彦】

 

質問4

前の会社の上司に誘われて、出戻りで前の会社に採用されました。今は、試用期間が終わり、正式採用されました。

自分は、職歴を若干詐称したことと、病気は實解してますが、精神疾患を抱えて採用されたことを黙っていたことが気になっています。

最近与えられた仕事が上手くいかず、職歴詐称したことと病気が調べられたのではと思っています。

前に会社にいた時は仕事は問題なかったのですが、今は出来る仕事もあれば上手く行ってない仕事もあります。

また、病気の可能性もありますが、最近自分のLINEが監視されている可能性があり、警察が監視してるのではと思っています。

知りたいのは、職歴詐称をしたことで刑事事件にあたるのか詐欺罪等にならないかということです。

また、解雇される可能性はあるかどうか。職歴詐称内容としては、リーダーではないのにプロジェクトのリーダーと書きました。

しかし、仕事はリーダーと同等の仕事をしていて、その事を転職エージェントに話したらリーダーと書いて問題ないと言われてます。

また、職務経歴書の書き方から5人のリーダーと勘違いされた可能性ありますが、面接で一人で仕事を担当したことを話してます。転職エージェントにも一人リーダーと職務経歴書からは読み取れますと言われてます。

 

回答

詐称の程度にもよりますが、詐欺に問われる可能性は低く、解雇まで認めれらる可能性は低いと言えます。【山村暢彦】

 

質問5

嘘をついてお金を借りてしまいました。

その方からは返済は○○万でいいと言われていた為、その額を返済中です。

しかし返済中に嘘がバレてしまい、全額返済しないのであれば詐欺罪で警察に被害届を出すと言われてしまいました。

相手方と色々事情があり全額返済したくないのですが、全額返済せず連絡を途切れさせてしまった場合、詐欺罪で逮捕されてしまうのでしょうか?

 

回答

虚偽の内容にもよりますが、嘘をついてお金を借りたということだと詐欺罪として考える余地もあります。【山村暢彦】

 

質問6

契約更新費用について、前回更新料は家賃1か月分でしたが、今回は更新事務手数料として家賃1か月分に消費税10%がつきました。

更新費用は非課税と聞いてますが、 事務手数料になったので税金つきますとこのと。 事務手数料は課税を支払うのでしょうか?

 

回答

住宅の賃貸料、更新料は原則非課税のはずです。詳しくは税理士事務所にお問い合わせください。【山村暢彦】

 

質問7

生活保護受給者です。月末にお金に困ってしまい、ネット融資の甘い話に乗っかってしまい、業者に銀行カードと身分証明書コピーを送付してしまいました。

業者から「銀行に行ってください」と言われ行ったら、見知らぬ人から大金が入っていてビックリして業者に確認をメールで送ったのですが音沙汰無し。

おまけに翌日にカード再発行しに行ったら、刑事に任意同行を促されて、詐欺に使われたとのこと。

現在、在宅で被疑者扱いの調べを受けていますが、素直にありのままの経緯を話してます。

因みに私は前科の窃盗があり、数年前に仮釈放で出てきたばかり。この先、私はまた服役しなくてはならないのでしょうか?

 

回答

起訴されれば懲役刑を求刑されるでしょうし、前の刑期から5年経っていなければ執行猶予は付けられません。

何とか不起訴にしてもらうほかないでしょう。【石﨑冬貴】

 

質問8

ある女性から、セックス迄はありませんがその途中迄の性的サービスで、数時間で百万円くれるという仕事があると誘われ、一度応じました。

その後度々連絡は来るものの、もう少し待って等の理由で今だに支払って貰ってません。

先日とりあえず負担した経費分(ホテル代や交通費)に+何千円かが振り込まれましたが、報酬を払って貰えそうもありません。

相手の連絡先等は一切不明です。

この場合、相手を詐欺罪で被害届けや告訴する事は可能でしょうか?

 

回答

数時間で百万円という対価は不相当に過大ですので、なかなか詐欺罪での立件は難しいと思います。

何千円かの報酬が振り込まれているのであれば、なおさらです。

ただ、どうしても納得がいかないとのことであれば、一度警察に相談してみるのも良いかもしれません。【佐山洸二郎】

 

質問9

詐欺罪で警察も動きますとメールが来て、LINE窓口でも通知が来て、7万円を払わなければ法的措置をとるみたいな ことになりました。

延長して返済すると言ったら、入会金がいると言われました。

 

回答

何かに入会されたということでしょうか?

入会してサービスを受けている一方でお金を支払わなければ、詐欺罪に該当する可能性が高いです。【佐山洸二郎】

 

質問10

詐欺にかかわる行為をしてしまい現在先方と交渉しておりますが、間に入っていただくことは可能でしょうか?

 

回答

ご連絡ありがとうございます。もちろん可能です。

まずはお電話で予約の上、来所していただいてご相談ください。【杉浦智彦】

 

質問11

内縁の元夫から、もとにもどれないなら、警察に行くと言われています。

母子家庭で生活保護を受けながら子供3人と暮らしていたところに、元夫が転がり込んできまた。

潰れかけお店のオーナーで、なんとか立ち直したいと相談を受け、お給料なしに手伝い始めたのですが、売上金は全て彼が仕切っていて、そのお金でご飯連れて行ってもらったり、生活保護だけでは子供3人の生活もきつかったので、協力してしまいました。

生活保護の不正受給ではないかと思い、彼にもう辞めたいと話すと、じゃあ、警察に言う、不正受給で俺もお前も刑務所行きだと言われ、別れることができずズルズルきてしまいました。

もう耐えれず、別れを切り出して今は別のところに移っています。

私は生活保護の不正受給で詐欺罪になってしまうのでしょうか?

彼の言動は脅迫罪にあたりますか?

 

回答

詳しいお話をうかがわないと判断できませんが、不正受給ということであれば、国に対する詐欺罪となるでしょう。

脅している場合は、どういう脅し方かにもよりますが、脅迫罪になる可能性もあるだろうとは思います。

いずれにせよ、警察に相談されるほかないと思います。【杉浦智彦】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか