横領に関する質問9

質問1

以前、個人事業主として働いてたんですが、会社からガソリンカードとetcカードを借りてやっていました。

軽トラの冷凍車で荷物を配達する仕事で、全国どこでも行くような仕事で、急いでいるときや遠いところだった時に
高速を利用していたのですが、行きの高速の料金は会社持ちでした。

帰りの高速代は自己負担だったのですが、請求書にだいたいこれぐらいという感じで書いてしまっていて、そのことを前会社から追及されて横領となりました。

退職前の3か月分の給料を押えられているのですが、正確な損害金を教えてもらえません。

示談金は100万みたいな感じの話になっています。

 

回答

会社が一方的に給料と損害金を相殺することはできませんので、横領を理由として給料を支払わないのは違法な行為です。

お近くの労基署などにご相談に行かれるのがよろしいかと思います。【下田和宏】

 

質問2

19歳学生です。働いていたコンビニで内引きをしてしまいました。

一度は解雇という形で話がついたのですが、棚卸しをした際、76000円の誤差が出てしまったらしく、警察へ届けを出すと言われてしまいました。

誤差が全て私というわけではないと思います。実際、店長に聞かれたことで全く心当たりのないものが多数ありました。

防犯カメラの映像がどの期間残っているのか分かりませんが、証拠などが少ししかない場合や、はっきりとした証拠がない場合は逮捕されるのでしょうか?

また、多々証拠が残っていたとして、私のやった分ではないものも私の責任になってしまうのでしょうか?

 

回答

やっていた範囲では正直に話し、それ以外の身に覚えがない点についてはそのようにしっかり話してください。

警察も、証拠がない範囲で立件することはできません。【佐山洸二郎】

 

質問3

レジを操作して7万程横領してしまいましました。

絶対ばれないだろうと思いましたが、不安になり正直に会社に謝罪し現金も一括で返すつもりです。

そういった場合やはり逮捕は免れないでしょうか?

警察にも自首するつもりです。

 

回答

その程度の金額であれば、しっかりと謝罪して返金すれば、刑事事件にはならないと思います。【石﨑冬貴】

 

質問4

夫がPTAの会費を使い込んで失踪したっぽいんです。
これは、私が、返金しなければいけないのですか?

 

回答

状況がやや不明瞭なのですが、PTA会費を預かっていて、それを持ち逃げされたということでしょうか。

預かった名義の人が責任を負うことになるでしょうが、横領なので、あなたに火の粉がかかるまえに警察に相談すべきでしょう。【杉浦智彦】

 

質問5

PTA会計をしていますが、会費を横領してしまいました。金額は85万円です。

少し借りて給料が入れば返すの繰り返しをしていましたが、金額も段々増えていき、気づけばすぐには返すことのできない金額になってしまいました。

PTA会長には全て話しました。PTA役員、保護者の前で謝罪して欲しいと言われました。謝罪文も書くように言われました。

金額が大きいので、一括では返せないので、分割で返す事を伝えました。

私は自首をしようと思います。逮捕されたら、何年ぐらい入らないといけないですか?

 

回答

弁護士をつけた上で適切な対応をすることで逮捕、刑務所に行くこと自体を回避できる案件だといえます。

まずは弁護士に相談してから決めるということでも良いかと思います。

一時間11000円で相談を受け付けております。

よければ、ご予約の上、来所相談をおすすめします。【杉浦智彦】

 

質問6

小学校のPTAの物品購入の領収書の但書に抜けがあったので、自分で付け足して精算をしてしまいました。(それ以外の金額などは何も触ってません)

検挙されてしまうのでしょうか?

また、会費や寄付が収入源で利益は出ていないと思うのですが、もしこれが税務署の監査で発覚とかするのでしょうか?

処分されてしまうのでしょうか?

 

回答

各種確認作業等で発覚する可能性はあるでしょう。

横領・背任でしょうし、処分対象になるかと思います。【杉浦智彦】

 

質問7

母が数年に渡り、勤めていた会社のお金を横領していた事が先日発覚しました。母親は3000万と言っているのですが、会社側は3800万だと言っているそうで、まとまった金額を初めに返せと言っているそうです。

社長の言葉もかなり乱暴なようで、返さなければ訴えるぞとか山に埋めて殺すとか親戚中に回収に行かせるぞとか母親を脅しているそうです。

私達は何年かかってもお金を返すつもりでいますが、いっぺんに何千万円も返すことは不可能です。

どうにか会社側を説得することは出来ないでしょうか?

 

回答

ご親族がお金を返す必要はないでしょう。

対応として苦慮されているのでしたら、弁護士に依頼するほうがいいでしょう。

ただ、3000万円の横領というのは、かなり金額が大きいように思いますが、どうしてそのような横領をしてしまったのでしょうか。(実刑相当の金額です)

弁護士費用は、着手金・報酬金合わせて80万円程度かかりますが、それくらいの費用は出していただくほうがいいと思います。

ご検討のほど、よろしくお願いします。【杉浦智彦】

 

質問8

友人が領収書をもらって経費として実費精算した際、但し書きに加筆をしてしまったそうです。

本人は、抜けていると勘違いしたため加筆したそうですが、あとで整理してみると、別の領収書の品目だったことが分かりました。

備品の方はしっかりと納めてあるそうなので、横領には当たらないのではないかとアドバイスしました。

今の時点では問題化していないようですが、バレてしまう可能性は高いのでしょうか?

その場合、彼は謝罪や示談など、どんなアクションをすれば良いのですか?

 

回答

経理の方に相談されたほうがよろしいかと思います。

実際に購入したもので、お金を横領したなどでない限りは問題ないと思います。【下田和宏】

 

質問9

先輩が、ご家族の食事や家庭で使う備品、自家用車の修理代等を領収書を貰い、経理の人に渡して、飲食代等は接待費として、備品は会社の備品代としてお金をもらっているようです。

私は知らずに、私の飲み会等の領収書ももらって欲しいと言われ、言われるまま渡していました。

先輩がしていることは横領になりますか?

私も罪になりますか?

会社に知らせたいのですが、私だとバレずに知らせることは出来ますか?

 

回答

会社に関係ない領収証を渡して、経費として金銭をもらっているのであれば、詐欺や業務上横領になる可能性があります。

知らずに渡していたのであればあなたは関係ありません。今後はしないでください。【石﨑冬貴】

 

質問10

退職した飲食店から、今まで飲み食いした分の金を払えとLINEがきました。

同僚に確認すると、決算で金額が合わないので、その時勤務していた従業員に請求しているらしいとのこと。

当時、店長がルールとして、客が0組の日はスタッフが友人呼び、多少の値下げをしてでも、売り上げをあげることや、友人の祝い事にはワインを原価や、無料で提供することなどをしていました。

他のスタッフも同様にしていましたが、私はキッチンスタッフだったため、そのような行為はしていませんでした。

また、管理している人が酸化してしまったワインを勉強のためと開けた際や、店長の一存でビールあげるから残るようにと言われた時は、と流れで渡されて無銭で飲んでいるものはあります。

この場合私に支払い義務はあるのでしょうか?

前の職場とは関わりたくないのですが、このLINEに対応する義務があるのでしょうか?

 

回答

今更あなたが私的に飲み食いしたものだと証明することはできないのではないでしょうか。

あまりにしつこかったり、脅すようであれば警察に相談してください。【石﨑冬貴】

 

質問11

自治会費数百万円を担当会計者が横領しました。通帳も改ざんされ、銀行の残高証明も偽造されており、引き継ぎの段階で発覚し、その後全額返済されました。

自治会では告訴を取り下げたとの報告のみで、本人は自治会の会議で参加者に口頭で謝罪しましたが、横領についての経緯もあやふやなままです。

個人的には横領罪、それと私文書偽造で刑事事件として扱うことができないものかと考えていますが、このようなケースはいかがなんでしょうか?

 

回答

全額弁済がされているのであれば、一般論としては、刑事事件にはなりにくいと思います。

結局は、横領された被害者(今回は自治会)の対応が重要になってきていますので、告訴を取り下げたということであればこれから改めて刑事事件化する可能性は低いと思います。【佐山洸二郎】

 

質問12

バイト先のティッシュを許可を得ず取った場合は横領になりますか

もしくは窃盗罪ですか?どちらも違う場合は何罪になりますか?

 

回答

法律的には、窃盗か業務上横領です。店長などだと横領、それ以外は窃盗になります。

ただ、数枚にとどまる場合は、「可罰的違法性がない」として、捜査対象になりません。

ボックスティッシュなど持ち帰るのは、普通にアウトです。【杉浦智彦】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか