薬物事件

2019年09月17日

覚せい剤に関する質問7

,

質問1 夫が覚醒剤をやめません。結婚して子供は現在3ヶ月です。仕事もせず、お金もなく、お金があれば覚醒剤を買って使用。旦那の実家で暮らしていますが捕まるまでやめない、と本人。 夫を捕まらすのにバレずに... 続きはこちら≫

2019年06月24日

大麻事件に関する質問3

,

質問1 警察署から電話があり、「息子さんを大麻取締法違反で逮捕しました。面会の希望の場合は予約を入れてください」と。裁判所から「今日から10日間の拘留します」と電話があり、息子に会ってきました。あまり... 続きはこちら≫

2019年06月07日

不起訴を獲得した事例

, ,

1、 一般的な薬物事件の流れ  薬物というと、覚せい剤に始まり、多種多様な合成麻薬など枚挙にいとまがありません。警察を始め至るところに啓蒙ポスターが貼ってあるように、とても身近な犯罪です。弊事務所で担... 続きはこちら≫

2019年01月28日

尿検査で反応が出たが不起訴になった覚せい剤使用事例

罪名:覚せい剤取締法違反 結果:不起訴   1.検察があきらかに起訴を考えている状況での否認 薬物事件については、基本的に尿検査で陽性反応が出れば、ほぼ間違いなく使用で起訴されます。 本件も... 続きはこちら≫

2018年08月21日

覚せい剤に関する質問6

,

質問1 8年以上前から交際しており、約3年同棲していた彼氏が覚醒剤を使用していることが発覚しました。今年に入って同棲も解消し、別れる事を決断しました。籍は一度も入れていないのですが、両親の顔合わせの段... 続きはこちら≫

2017年06月23日

薬物事件

, ,

 薬物事件(覚せい剤、大麻など)で逮捕された場合、捜査機関が犯罪を裏付ける証拠をすでに入手済みで、証拠がはっきりしているため、弁解の余地がないことが多いです。通常、尿から覚せい剤が検出され、あるいは身... 続きはこちら≫

2017年06月22日

ご家族が大麻取締法違反で逮捕された -薬物に強い横浜の弁護士による解説

,

ある日突然、ご家族が、大麻取締法違反によって逮捕されてしまった…。 このようなことによって、途方に暮れてしまう親御さんも多くいらっしゃることと思います。 警察から「大麻取締法違反」とだけ告げられて、何... 続きはこちら≫

2017年06月22日

覚せい剤

,

 覚せい剤は、覚せい剤使用、所持、売買、輸出入が問題となります。薬物事件で逮捕された場合、捜査機関が犯罪を裏付ける証拠をすでに入手済みで、証拠がはっきりしているため、弁解の余地がないことが多いです。通... 続きはこちら≫

2017年06月22日

麻薬・向精神薬取締法違反

麻薬・向精神薬は、麻薬・向精神薬の製剤、小分け、譲渡し、譲受け、交付、所持、輸出入が問題となります。薬物事件で逮捕された場合、捜査機関が犯罪を裏付ける証拠をすでに入手済みで、証拠がはっきりしていること... 続きはこちら≫

2017年06月09日

覚せい剤常用者の保釈が認められた事例

罪名:覚せい剤取締法違反 結果:公訴提起後保釈が認められる(判決は実刑判決) 解決までの期間:約10月   覚せい剤の常用者の事件 本件の被告人は、覚せい剤の常用者です。逮捕勾留後起訴された... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか