覚せい剤

2021年08月11日

覚せい剤に関する質問7

,

質問1 現在友人と二人暮ししています。以前からなのですが、友人に借金を頼まれ、個人的にはけっこうな額を貸していて、凄く不満です。 その友人(以降Aとします)は覚せい剤を使用しており、最近態度が怖いです... 続きはこちら≫

2019年06月07日

不起訴を獲得した事例

, ,

1、 一般的な薬物事件の流れ  薬物というと、覚せい剤に始まり、多種多様な合成麻薬など枚挙にいとまがありません。警察を始め至るところに啓蒙ポスターが貼ってあるように、とても身近な犯罪です。弊事務所で担... 続きはこちら≫

2019年01月28日

尿検査で反応が出たが不起訴になった覚せい剤使用事例

罪名:覚せい剤取締法違反 結果:不起訴   1.検察があきらかに起訴を考えている状況での否認 薬物事件については、基本的に尿検査で陽性反応が出れば、ほぼ間違いなく使用で起訴されます。 本件も... 続きはこちら≫

2018年08月21日

覚せい剤に関する質問6

,

質問1 夫が、覚せい剤を持っていたので、知り合いと通報してガサが入り夫は逮捕されました。 薬物は、初犯ですが、窃盗、傷害などで、服役の過去があります。 三年前に服役して帰ってきたそうです。この場合執行... 続きはこちら≫

2017年06月23日

薬物事件

, ,

 薬物事件(覚せい剤、大麻など)で逮捕された場合、捜査機関が犯罪を裏付ける証拠をすでに入手済みで、証拠がはっきりしているため、弁解の余地がないことが多いです。通常、尿から覚せい剤が検出され、あるいは身... 続きはこちら≫

2017年06月22日

覚せい剤

,

 覚せい剤は、覚せい剤使用、所持、売買、輸出入が問題となります。薬物事件で逮捕された場合、捜査機関が犯罪を裏付ける証拠をすでに入手済みで、証拠がはっきりしているため、弁解の余地がないことが多いです。通... 続きはこちら≫

2017年06月09日

覚せい剤常用者の保釈が認められた事例

罪名:覚せい剤取締法違反 結果:公訴提起後保釈が認められる(判決は実刑判決) 解決までの期間:約10月   覚せい剤の常用者の事件 本件の被告人は、覚せい剤の常用者です。逮捕勾留後起訴された... 続きはこちら≫

2017年06月09日

覚せい剤を誤って摂取した可能性を示して不起訴を勝ち取った事例

罪名:覚せい剤取締法違反 結果:勾留延長後不起訴 解決までの期間:約20日   尿から覚せい剤が検出された! 本件の被疑者は、尿からの覚せい剤検出により逮捕されたものです。 通常、覚せい剤が... 続きはこちら≫

2017年06月08日

覚せい剤事件に関する質問5

,

質問 覚せい剤の尿検査で反応が出た場合、起訴に必要な尿の量の基準があると聞いた事がありますが それはmlで言えばどれ位の量でしょうか? 回答 起訴に必要ということですから、証拠のため尿検査をすることが... 続きはこちら≫

2017年06月08日

覚せい剤事件に関する質問4

,

質問 旦那のことなんですが、この前、大喧嘩をしてしまい、警察沙汰になりました。私は、話を聞きに警察署にいたんですが、旦那は、頑として、警察署に行くのを、拒みました。警察菅に説得され、とりあえず、警察署... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか