覚せい剤常用者の保釈が認められた事例

罪名:覚せい剤取締法違反

結果:公訴提起後保釈が認められる(判決は実刑判決)

解決までの期間:約10月

 

覚せい剤の常用者の事件

本件の被告人は、覚せい剤の常用者です。逮捕勾留後起訴された時点で、相当程度長期の実刑判決はまぬかれない立場にいました。

 

覚せい剤と保釈

覚せい剤の常用者の場合、起訴後に保釈が認められることはまずありません。 保釈で外に出たら、また薬物に手を出すのではという事実上の心配もありますし、必ず実刑判決となることから逃げだす可能性も非常に非常に高いと思われるところもあるからです。 しかし本件の被告人の場合、亡くなった両親の法事を行いたいという望みがありました。 今回相当程度長期の服役が予想されるので、区切りの良いところで身内を集めて法事を執り行いたいと希望していたのです。

 

多くの人の嘆願書

法事の為の保釈を認めてもらうために、親族をはじめ多くの人の嘆願書を集めました。 さらに法事の具田的な内容を明確にするとともに、身元引受する人が確実であることも示しました。

 

裁判所による保釈の決定

被告人の熱意が裁判所にも通じ、保釈が認めてもらえました。 本来ならば、常習的な薬物使用者の場合、相当高い保釈保証金が要求されますが、本件の場合は通常の場合よりいくらか高い程度での保釈が認められたのです。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか