交通犯罪

2022年12月05日

飲酒・酒気帯び運転に関する質問(2022年6月6日~)

,

質問1 友人に勧められて断れず呑んでしまい、飲酒運転をしました。 途中運転を変わってもらい後部座席にいたのですが、後ろから走ってきた車に煽られ、運転者同士が口論になり、飲酒を気付かれてしまい警察を呼ば... 続きはこちら≫

2022年11月25日

交通事故に関する質問 (2020年5月8日~)

,

質問1 コインパーキングで駐車した際、かなり狭いところで、擦ったかもしれないと音がした方を確認したところ、なにも傷がついていませんでした。 その後洗車した際に右前方に傷がついていました。その前に乗った... 続きはこちら≫

2022年10月25日

無免許運転に関する質問(2022年3月4日~)

,

質問1 今回無免許運転で3回目の逮捕です。 数年前に傷害+無免許で略式、それから1年程して傷害+無免許で懲役2年執行猶予3年を受けました。 それからさらに1年程して、今回現行犯の無免許で捕まりました。... 続きはこちら≫

2022年10月07日

交通事故刑事弁護士費用保険について

1 交通事故刑事弁護士費用保険の発売について 現在、交通事故刑事弁護士費用保険(特約)がが普及しつつあります。 今までも交通事故に関する弁護士費用の保険は各保険会社から発売されておりましたが、これは民... 続きはこちら≫

2022年09月12日

人身事故・死亡事故

交通事故を起こし、相手が怪我をしてしまったり、死亡してしまったりした場合は過失運転致死傷罪になります。 死亡事故や重度の後遺障害が残る人身事故を起こしてしまった場合は初犯でも場合によっては執行猶予がつ... 続きはこちら≫

2022年08月24日

飲酒運転

一言に飲酒運転とは言っても、法的には酒酔い運転と酒気帯び運転に分かれます。酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と... 続きはこちら≫

2022年08月08日

ひき逃げ・当て逃げ

ひき逃げとは、車やバイクなどの運転中に、人の死亡や怪我を伴う交通事故を起こしてしまった際、すぐに車やバイクを止め、被害者の救護や道路の危険を防止せずに、事故現場から離れることをいいます。  ... 続きはこちら≫

2022年05月27日

飲酒・酒気帯び運転に関する質問(2020年11月2日~2022年5月27日)

,

質問1 エンジンを着けずに車内にいたところ、職務質問を受け、乗ったのかと言われ、正直に乗ったことを自白しました。 その際、呼気検査を実したのか、記憶が曖昧です。赤切符は手元に無いのですが、後日警察から... 続きはこちら≫

2021年05月28日

無免許運転に関する質問(2019年12月18日~2021年5月26日)

,

質問1 免停免除1日講習にいった際に車で参加して試験場の駐車場に駐車し、試験終了後、頼んだ別の知り合いが迎えにこなかったから、車を放置できず安全運転で帰った人がいると小耳に挟みました。 本来、無免許運... 続きはこちら≫

2020年09月28日

飲酒・酒気帯び運転に関する質問(2020年2月19日~9月27日)

,

質問1 飲酒運転で捕まりました。0.5でした。 25年前位に酒酔いで人身事故、取り消し1年でした。12~13年位前に累積とスピードオーバーで、罰金と取り消し1年、 18~19年位前に酔っぱらって傷害事... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか