飲酒・酒気帯び運転に関する質問(2022年6月6日~)

質問1

友人に勧められて断れず呑んでしまい、飲酒運転をしました。

途中運転を変わってもらい後部座席にいたのですが、後ろから走ってきた車に煽られ、運転者同士が口論になり、飲酒を気付かれてしまい警察を呼ばれました。

先に行ってと言われ車を走らせてしまい、途中のコンビニで待機していましたが、その後、私も一緒に検挙され、コンビニの駐車場で検査されました。

私が飲みながら車を走らせたと言う証拠は今のところないのですが、飲酒運転とされてしまうのでしょうか?

 

回答

検査の結果アルコールが検出され、運転の事実を争っていないのであれば、飲酒運転とみなされるでしょう。

【越田洋介】

 

質問2

酒気帯びで検挙され警察より出頭命令通知待ちです。

出頭後は検挙時と同じ聴取があるのでしょうか?

また、飲酒を共にしていた友人の名前、連絡先などの確認もあるのでしょうか?

 

回答

検挙時より詳しく話を聞かれることが多いです。

また、飲酒の経緯を聞くため、ご友人に確認を取られることがあります。そのため、経緯は正直に話した方が良いです。

【杉浦智彦】

 

質問3

飲酒運転で捕まりました。捕まってから1ヶ月以上経っても検察庁から連絡がありません。

大体どのくらい待てば連絡がくるのでしょうか?

回答

警察から検察に事件が送られるまでに一般的には2~3か月かかります。

現在の状況を警察に問い合わせてみると良いかと思います。【佐山洸二郎】

 

質問4

お酒を飲んだ後、駐車場から出た際、右から来た直進の車にあたりました。

気が動転して、車から降りて運転手の方に携帯電話と名前を告げ、車を置いてきます、直ぐ戻りますと告げて帰宅してしまい、タクシーで現場に戻りました。

アルコールは0.37かと思います。初犯です。

免許取り消し確定と言われました。かなり刑罰は重くなるのでしょうか?

 

回答

飲酒での事故は近年厳しく見られる傾向にあります。

相手がけがをしていないのであれば、罰金50万円程度は覚悟しておいた方がよいでしょう。【下田和宏】

 

質問5

過失運転致傷と飲酒運転(呼気0.6ちょい)で、被害者は通院6ヶ月です。

被害者の方には車両の弁済は完了していて、相手の弁護士から被害弁済請求すると言われている状態です。

今後の裁判結果は懲役刑が求刑されると思いますが、執行猶予はつきますでしょうか?

 

 

回答

前科前歴がなく、また被害者様への謝罪や慰謝料の支払いがなされていれば、執行猶予が付く可能性もあると思います。

まだ示談等が済んでいないのであれば、弊所でお手伝いできることも多いかと思います。

もし良ければ、一度詳細なご相談をお申込みいただければと思います。【佐山洸二郎】

 

質問6

飲酒運転で車で寝ていたところ、警察官に起こされ、検知器で0.6が出ました。

後ほど調べてたところ、その数値量は飲んで無く、アルコール計算式で計算しても0.25以下です。どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

回答

体内のアルコール量は、個人差もあるところで、計算式ではもっと低いという主張に、実際の検出値を塗り替えるほどの効果は期待できないでしょう。

また、酒気帯び運転の罪が成立するラインは、0.25でなく、0.15です。

もっとも、運転ではなく、車の中でただ仮眠をとっていただけということであれば、犯罪自体が成立しない可能性もあり得ます。

詳しい事実関係をふまえた上での、弁護士法律相談を受けられることを、お勧め致します。【原田大士】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか