飲酒・酒気帯び運転に関する質問24

質問1

エンジンを着けずに車内にいたところ、職務質問を受け、乗ったのかと言われ、正直に乗ったことを自白しました。

その際、呼気検査を実したのか、記憶が曖昧です。赤切符は手元に無いのですが、後日警察からの取り調べ、出頭要請はありますか?

それとも、警察の取り調べ無しで検察から通知書が来るのですか?

警察署に問い合わせして確認などは可能なのでしょうか?

 

回答

呼気検査の結果次第ですが、日にちが経ってから呼び出しが来ることはあります。

警察署に問い合わせてみて、今どうなっているのか確認するのが良いと思います。【佐山洸二郎】

 

質問2

娘が飲酒運転同乗で事故に遭いました。運転手、娘ともに一時意識不明でしたが、現在は双方快方に向かっています。

娘は運転手が飲酒しているとは思わなかったと言います。酒の席には同席していません。

それでも罪に問われるのでしょうか?

聴取の際、弁護士は立ち会えるのでしょうか?

 

回答

本当に飲酒の事実を知らなければ罪に問われません。ただ、その話の信用性がどこまであるかという点では警察も疑いを持つとは思います。

取調べに弁護士は同席できません。【下田和宏】

 

質問3

先日、知人が飲酒運転で逃げて逮捕されました。

その際は同乗していなかったのですが、その前の行動を一緒にしており、その時飲酒してる先輩の車に乗っていました。

そのことを警察に事情聴取されたのですが、自分も何か罰せられますか?

 

回答

飲酒運転の同乗者も、運転者と同様の罰を受ける可能性があります。

まずは正直に話しをすることが重要です。【佐山洸二郎】

 

質問4

飲酒運転で物損事故を起こしてしまいました。壊したガードレールや表札等は支払済みで、車は廃車になりました。

すぐ警察が来て包み隠さず全てお話しています。呼気検査は0.55、歩行検査、意識等もはっきりしており、後日警察で酒気帯びと言われましたが、また別の警察から連絡が来て再捜査。対向車線を突っ切った事故なので酒酔い運転とされました。

検察から起訴すると言われました。罰金のみならず、懲役刑になりますか?

 

回答

正式裁判になるでしょうから、罰金ではすまず、懲役刑になります。【杉浦智彦】

 

質問5

酒気帯び人身事故で検挙され0.38の数値が出ました。

当時上は総入れ歯下はブリッジの入れ歯入れ歯安定剤使用酒気帯び人身事故については争うつもりはありませんが、入れ歯安定剤に含まれるアルコールが検出された可能性はあります。

0.38の検出数値に納得が行かないのでその事について争うつもりです。

こんな主張は警察で聞き入れてもらえますか?

 

回答

歯安定剤に含まれるアルコールが検出された可能性はあります。

これがどこまで立証できるかの問題ですので、客観的な証拠をどこまで用意できるか次第かと思います。【下田和宏】

 

質問6

会社名義の車で飲酒運転し、自損事故を起こしました。アルコール数値は0.5位でした。

酒気帯び運転に該当するとのことで、後日検察から連絡があると言われました。

事故した車も証拠物件ということで車検証や鍵の写真などを撮られました。

警察署の担当の方曰く、会社には連絡はいかないとのことでしたが、本当でしょうか?

 

回答

警察が連絡しないと言っていたのであれば大丈夫だと思います。【石﨑冬貴】

 

質問7

飲酒後、道路上で車の変速をパーキングに入れ寝ていたところ、警察官に起こされ、アルコール数値が0.33でした。

その後、信号機についてる防犯カメラに映っていた写真を見せられました。その写真は色もわからず、ナンバーも見えなく、誰が運転してるか全くわからない写真でしたが、自分の車だと思うと正直に話しました。

初犯で交通違反は3年前に駐車違反です。

罰金30万くらいで、免許証はなくなると思うと言われました。車の変速をパーキングに入れて寝ており、ハンドルも握ってなかったのですが、免許取消になるんでしょうか?

 

回答

運転していたとご自身で認めているわけですから、免許は取消になると思います。【石﨑冬貴】

 

質問8

何回も警察から事情聴取受けて、今回は長いこと取り調べるがあるそう。

 

回答

具体的事情次第ですが、警察からの事情聴取は複数回行われることが通常です。【佐山洸二郎】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか