刑事告訴前に示談し、刑事事件化を回避した事例

最終処分:立件されず

期間:3か月

依頼者:本人

 

1.被害者側からの内容証明

被害者の代理人から内容証明がきたという相談でした。

聞けば、以前、被害者と性的関係を持ったところ、それが合意に基づくものではなかったというもの。

「酩酊し、流れで性行為に及んだが、後でトラブルになった」という相談は後を絶ちません。

今回もそのようなケースでした。  

 

2.被害者側との示談交渉

被害者側は代理人を付けて非常に厳しい交渉態度でした。

被害者だけでなく、被害者の両親も処罰感情が強く、代理人も、刑事告訴を前提で交渉に臨んでいました。

私は、単に金銭を支払うのではなく、被害者の名誉回復が必要と考え、 謝罪と合わせて、様々な措置を講じました。

また、金銭面でも、分割を含め複数の案を提示し、金銭的に厳しい事情を伝えつつ、誠実に対応している姿勢を繰り返し示しました。

 

3.刑事告訴の回避

最終的に、支払い条件を含めて、合意内容を公正証書化することで、刑事告訴を回避することができました。

もちろん、刑事告訴をしない旨も、公正証書の記載に含めています。

最終合意まで3か月という長い交渉になりましたが、粘り強い交渉によって、最終的に本件の解決につながったと考えています。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか