示談も寄付もしないで、不起訴となった事例

解決までの期間:6か月

最終処分:不起訴

 

他の弁護士が諦めた事例

盗撮事件の場合、示談ができないと、不起訴は難しいことは事実です。本件では、他の弁護士が最初は担当しました。しかしその弁護士は、被害者様が示談しないということが分かると、罰金を受けるしかないと、諦めてしまいました。何とかしたいということで、被疑者がうちの事務所に相談に見えたのです。

 

検察官との交渉

被害者様が示談を拒否している以上、これ以上の対応は難しいです。しかし、担当検察官を訪問し、何とか取次ぎを依頼しました。示談ができなくても、損害賠償だけでも受けて欲しい損害賠償を受けてもらえないなら、せめて被害者様の指示により寄付をさせて欲しいとのお願いです。(もちろん、これらをすることで、不起訴にしてもらえる可能性があると、検察官と話したのちの行為です。)粘り強く検察官にお願いし、相手方に連絡してもらいました。

その中で、当方の誠意が伝わるように、気を使ってまいりました。

 

不起訴へ

最終的には、被害者様が、「それならとくに処罰しなくてよい」と検事に話してくれたおかげで、不起訴処分となりました。示談もできず、諸悪罪寄付もしない中で、不起訴を獲得できたということは、その後の弁護士活動の自信につながりました。その意味でも、大変思い出深い事例です。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか