地方からの出張で気が大きくなり起きてしまった盗撮事件

罪名:盗撮(迷惑行為防止条例)

最終処分:不起訴

解決までの期間:約4か月

 

横浜に出張中に盗撮

出張中に、何となく気が大きくなり、犯罪行為を行ってしまうことがあります。

地方から横浜に出張中に、駅のエスカレーターで盗撮行為をしたということで、逮捕された事例です。

幸い勾留には至らず釈放されましたが、横浜の警察での対応などが必要ということで、当事務所に依頼されました。

 

遠方の依頼者との意思疎通

自宅の側の弁護士に依頼するのが通常です。何かあったときにすぐに事務所に行き、相談ができるからです。

ただ、本件では、警察や検察との対応、横浜近辺の被害者との示談などがあるので、犯行場所の弁護士に依頼されたわけです。

離れているので、意思疎通には特に気を使い、メールや電話でこまめに依頼者に報告していきました。

 

検察での取り調べをしないで不起訴処分

本件は、事件が検察庁にいったのち、検察官と面会し、本人を呼ぶのは最後にしてもらいました。

被害者の情報を検察官から聞き、無事に示談もできました。

本人の反省と合わせて検察官に報告し、被疑者を取り調べることなく、不起訴処分としてもらえました。

遠方の依頼者に、できる限り負担をかけずに解決した事案として、記憶に残っています。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか