3人を同時に撮影した盗撮事件

解決までの期間:4か月

最終処分:不起訴

 

1、電車内のでビデオ撮影

電車の中で、3人の女子高生が話しているところを、ビデオで盗撮したという事案です。

太ももなどを、3人一緒に撮影したわけです。

近くにいた人に見つかり、その場で取り押さえられ、警察に突き出されました。

事案としては普通の盗撮事件です。しかし、被害者が3名いる点が、普通の事案とは異なります。

 

2、検察官との交渉

検察官と事件について意見交換をしました。

検察官も顔見知りの方で、率直に話してくれます。

本件は、法的に処罰するとなると、3人の女子高生に対して併合罪ということになるのか、観念的競合となるのか、前例もなく難しい問題が生じるということでした。

検察官からは、3人のうち1名からは被害届も出ていないので、被害届が出ている2人の方と示談できれば、不起訴処分にしようと言われました。

 

3、2件の示談交渉

1件の示談交渉は、非常に簡単でした。父親と話したのですが、特に問題なく示談ができました。

もう一人の被害者の親とは、何回も話したのち、何とか納得していただき示談が成立しました。

被害者が数人いた盗撮事件として、記憶に残る事件です。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか