弁護士 山村暢彦 Nobuhiko Yamamura

山村暢彦

略歴

大阪府和泉市の生まれ
大阪府立三国丘高等学校卒業
大阪市立大学法学部法律学科卒業
中央大学大学院法務研究科卒業
神奈川県弁護士会所属

 

紹介

横浜パートナー法律事務所の「『私は』でなく、『あなたは』で考える」、依頼者の不安を和らげるための「徹底した即時レスポンス」というポリシーに共感し、「この事務所でなら本当に『依頼者のことを第一に』考えた弁護活動を学ぶことができる!」との想いから入所を決意。

 

注力分野

 

一般の市民の方は、刑事事件に関する専門知識など持ち合わせていないのが、普通です。
それが、逮捕されると、何の知識もなく、見通しもない絶望的な状況で身体を拘束され、社会から隔離されてしまいます。

 

そして、絶対的な権力者のようにみえる取調官に自白を迫られれば、自分の主張を貫くのは極めて困難といえます。
また、最近の法律は、複雑多岐にわたります。
「この程度なら大丈夫だろう。」といったことが、重大な事件となり、人生に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

刑事事件に関わることとなった人々の抱える「不安」を解消し、「想い」をしっかりと伝える手助けをしたい。
それが、私の刑事弁護に取り組む想いです。

 

業務へのこだわり

刑事弁護は、時間との戦いです。

 

特に、起訴前の刑事手続は、刻一刻と日を追うごとに手続が進んでいきます。
その中で、接見に赴き被疑者の方からしっかりと事情を聞く、家族の方や職場の方の協力を取り付ける、被害者の方と可能であれば示談交渉に赴く、それらの事情を検察官や裁判官の方に対面して、しっかりと伝えきる。
このように、限られた時間の中で、弁護人が行うべき行動は多岐に渡ります。

 

このような弁護活動を行うため、常に「今日できることは今日のうちにやる」との心構えで、事件に取り組みます
また、フットワークの軽さと気力・体力の充実を、最善の弁護活動をするため、常に心がけています。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか