小田原での連続強制わいせつ事件

罪名:強制わいせつ

 

連続強制わいせつ事件の裁判員裁判

小田原での連続強制わいせつ事件

身体に触って逃げる程度の、比較的軽いわいせつ行為ですが、犯行の過程で被害者に怪我をさせたり、自転車かごに入っていた被害者のものを盗ったり(強盗)したために、非常に重い犯罪とされ、裁判員裁判で裁かれることになりました。

 

弁護活動の結果

連続事件ということもあり、検察は懲役10数年という思い刑を要求。

一方弁護側は、本件は一つ一つの事件は、必ずしも非常に悪質とまでは言えないことを強調し、裁判員に訴えました。

結果的には、検察求刑のほぼ半分の刑期で判決がなされた。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか