窃盗の解決事例

1、執行猶予中にも拘らず罰金刑で済んだ、異例の万引き事件

 

2、執行猶予中の再犯であったが、再度の執行猶予となった事件(クレプトマニアの解決事例)

 

3、勾留までいった窃盗が1月足らずで不起訴になった事例

 

4、クレプトマニアの無賃乗車(クレプトマニアの解決事例)

 

5、エノキダケが光って見えた(クレプトマニアの解決事例)

 

6、路上で急にひったくり(クレプトマニアの解決事例)

 

7、2回目の依頼(クレプトマニアの解決事例)

 

8、小田原で起きた下着窃盗事件

 

9、執行猶予明けの窃盗事件

 

10、万引きをして店員に怪我をさせた事例

 

11、住居侵入窃盗が不起訴となった事例

 

12、自動車窃盗の自首事件

 

13、同一被害者への余罪多数の住居侵入窃盗が示談により不起訴となった事例

 

14、2回の同種前歴があったにもかかわらず再度不起訴になった事例

 

15、再度の万引きで、クリニックへの誘導などによって不起訴となった事例

 

16、芸能人の衣裳の窃盗で、示談の上不起訴を獲得した事例

 

17、7回にも及び万引きを繰り返していたが、執行猶予を獲得できた事例

 

18、執行猶予中の同種犯罪での身柄解放

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。