私の彼(オーストラリア人)が酔っぱらっているときに

質問

私の彼(オーストラリア人)が酔っぱらっているときに、客引きの男とトラブルになりました。 酔っていたせいもあり、記憶が完璧ではないが、向こうが彼の腕を掴もうとしたので、 それを振り払った際、相手の胸を押した。 トラブルを避けるため、その場を立ち去ろうとすると、客引きの仲間がもう二人現れ、 追いかけられた。 相手グループに追い詰められたところで、パトカーがきて拘束されたそうです。 私が事情を聞きに警察に行ったのですが、すでに彼が加害者として扱われていました。 (双方とも怪我はありません。) 先ほど、裁判所から戻りましたが、通訳がいたものの完璧には現在の状況が把握しき れておらず不安がっています。 起訴か不起訴かを待っている状況と理解して良いのでしょうか。 また、今の段階で弁護をお願いした方が良いのでしょうか

回答

勾留されないで、帰してもらえたようで、何よりでした。

ただ、彼の言う通りの事実認定を捜査機関がしているならば、逮捕されなかったと思います。

捜査機関側が考えている事実の内容と、それを根拠づける証拠・証言は何かを、できる限り押さえた方が良いでしょうね。

今後は、恐らく検察庁から呼び出しがあるでしょう。

そこで、罰金刑などの処分が決まります。

仮に捜査機関側の方が正しそうだとなったら、「酔っていたのではっきりとは覚えていませんが、 その様な証言が有るのならば、間違いないと思います。」といった方が、処分も軽くなると思います。

争えば、正式裁判になる可能性も出てきます。弁護士は頼んだ方が良いと思いますが、まずは近くの弁護士に、具体的な事件としてしっかりと相談した方が良いと思いますよ。

以上、ご参考まで。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。