先方との示談が、保留の状態の中で

質問

先方との示談が、保留の状態の中での、 略式手続きで罰金刑にしたいという検察からの連絡でした。 示談を、引き続き交渉していれば、勾留が長くなり、 (病気を理由に会社を休んでいる)復帰するのに支障がある様な 気がしてしまいますが、それでも示談交渉続けるべきでしょうか?

回答

非常に難しい問題です。正しい答えがあるわけではありませんが、 略式処分の場合は、それほど不利益が大きくないことを考えれば、 身体拘束を出来るだけ早く解くことを優先するのも、 十分にありえると思われます。
決断できずに、だらだら時間が過ぎるのが一番問題だと思いますので、 例えば自分自身で何時何時までと期限を切って、それまでに 示談が出来ないときは略式の罰金を受け入れるようにしてみるのも、 一つの考えだと思います。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。