被害者不明の盗撮事件

警察などが逮捕した場合には、被害届が出されていなくても立件されることはあります
(私が扱った事件でも、罰金刑となった事案が過去にありました。)
その一方、通常は被害者がいない場合は、警察限りで事件が終わる場合も多いといえます。また仮に、検察庁に事件が行っても、そのまま不起訴となる可能性もあります。

もっとも、被害者がいないと示談が出来ません。
その場合は、弁護人が検察官と話し合って、寄付などをすることにより不起訴としてもらうこともあります。
具体的にどのような対応をするべきか、弁護士と相談することが必要です。

弁護士費用

初犯の盗撮事件

着手金 20万円

報酬金 50万円

報酬金は、不起訴の場合に発生。罰金になった場合には発生しません。

※消費税・実費・日当等全て込み


その他の弁護士費用はこちら

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。