路上で急にひったくり

解決までの期間:約40日

最終処分:不起訴

依頼者:父親

 

1.摂食障害の影響

摂食障害などの様に、世親的に不安定な女性は、常習的に窃盗を続ける、いわゆるクレプトマニアになる可能性が高いと言われています。本件の女性も、その様な窃盗行為を何回か繰り返したことのある人でした。

しかし、本件型のクレプトマニア案件と違うのが、窃盗・万引き行為ではなく、路上での強盗行為だったということでした。身体の弱っている、お年寄りの女性のバックをいきなりひったくったという事案です。

 

2.なぜそのようなことをしたのか?

本件は、幸いお年寄りは怪我もせず、犯人もその場ですぐに捕まったので、在宅事件として扱われました。しかし、一体なぜいきなりこのようなことをしたのか、弁護士としても不思議でした。人通りの多い通りで、真昼間の犯行です。常識的に考えて、直ぐに捕まることが分かるはずです。 本件でも、その後検討していくうちに、クレプトマニアの万引き犯と同じような構造と分かってきました。欲しいと思い、短絡的に手を伸ばしたという意味で、万引きと同じということです。

 

3.被害者との示談

被害者のお年寄りに対して、本人や親が、弁護士を通して真摯な謝罪を行いました。さらに、被疑者が病気であること、親御さんの苦労など、弁護士からよく説明しました。その結果、被害者様も最終的に快く本件を許してくれました。

 

4.検事との交渉

検察官には、本件はそもそも強盗というよりも、窃盗事案である旨を説明しました。被疑者の病気などの事情を考慮して、検察官も基本的に当方の主張を認めてくれました。さらに、被害者様との示談が成立したこともあり、本件では最終的に不起訴ということで終了しました。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか