2回目の依頼

罪名:窃盗

解決までの期間:約60日

最終処分:執行猶予

依頼者:母親

 

1.クレプトマニアの再犯

クレプトマニアは、再犯の多い犯罪です。何度でお万引きを繰り返し、最後には刑務所に行くことになるケースが多々あります。本件の被告人は、当方でかつて一度、クレプトマニア事案として不起訴処分を勝ち取った方でした。さらに万引きを止めることが出来ず、とうとう逮捕された段階で、当方に依頼が来たものです。

 

2.損害賠償と勾留阻止

まずは早急に、被害の出居てる店舗に連絡をとり、損害賠償を示談の話をさせて貰いました。今回は被害店舗は数件あり、中には相当お怒りの方もいました。

全ての事案について示談はできませんでしたが、取りあえず損害倍所は全て行い、その結果を持って勾留に対して準抗告を行いました。しかし、常習的な犯行であることなどを理由に、勾留は継続することになったのです。  

 

3.公訴提起と保釈

そこで、検察官のところに訪問し、本件は勾留延長をしないで、早急に公訴提起するように強く要請しました。本人は、クレプトマニアであることを除けば、社会人としてまっとうに生きてきた方です。その点等丁寧に説明し、検察官も了解してくれました。

公訴提起された日にすぐに保釈の申請をし、翌翌日、保釈が認められました。

 

4.執行猶予判決

公判の場では、被告人の反省はもちろん、クレプトマニアの原因である摂食障害に対して、どのよう対応していくのかなど、丁寧に説明していきました。もちろん、医療機関での継続的な治療、家族の協力などは欠かせません。それらを具体的に説明していきました。

その結果、比較的短い、執行猶予付の刑期とすることが出来たのです。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか