トークアプリ犯罪に関する質問41

質問1

ハッピメールというサイトで知り合った20代半ばとの女性とのやり取りで、初回だけお小遣いがほしい、それ以降は普通の恋人みたいな関係でお付き合いしたいと言われ、1万5千円で会うことになりました。

女性はサイトに写真も掲載しており、何回か私の方から、本人か問い合わせしましたが、間違いないと返答が来たのですが、現れた女性はプロフィール画像とは全くの別人で、車に乗り込んで来るなり「ホテルまでの道わかりますか?案内しますか?」と、それまでのやり取りの内容を全く感じさせない雰囲気でした。

デリヘル業者風の女性の感じで写真と別人だったので、それを理由に今回はお断りしたいと申し出ると、写真は自分で間違いない、やめるなら帰りの交通費3千円を払えと言われました。

詐欺じゃないのと言ったところ、女性は逆上し、車内でセクハラされたと警察に連絡する、嫌だったら約束の残りのお金を払えと言ってきました。

事を大きくしたくなかったのでお金を払いましたが、女性が降り際に「一応警察には連絡しますね」と言って、私の車のナンバーの写真を撮って行きました。

ドライブレコーダーが付いていたわけでもなく、サイトもその後すぐに退会してしまい、サイトでのやり取りも見れなくなってしまいました。

撮られたナンバーの写真を悪用されたりはしないか心配です。警察に連絡すると言っていたのも気になります。女性が偽証して訴えられたりするでしょうか?

 

回答

その状況で捜査対象になることは考え難いでしょう。

今後は慎んでください。【杉浦智彦】

 

質問2

出会い系の掲示板上でカカオトークのIDを交換しあい、カカオ上でやり取りしました。

そのときに相手に陰部の写真を送ってほしいといわれ、つい送ってしまいました。

私は成人しており、相手も成人してるとメッセージ上では言っていました。

この場合、何かの罪に問われるでしょうか?

 

回答

相手の方が18歳未満であれば、青少年保護育成条例違反に該当する可能性が高いです。

今後は同じ行為はしない方が安全です。【佐山洸二郎】

 

質問3

19歳の女の子とパパ活する約束をし、金額の約束もしていました。その女の子が補導され、TwitterのアカウントIDをメモされたそうです。

アカウントIDをメモしたと言う事は個人を割り出して捜査でしょうか?

自分は自首か何かしたほうがいいですか?

 

回答

19歳であればそもそも児童買春には該当しないので、警察の捜査対象となる可能性は低いと思います。

ただ、今後は同じ行為はしない方が良いかと思います。【佐山洸二郎】

 

質問4

Twitterで友達に女になりすまして、メッセージを送りました。

金銭的要求や、誹謗中傷もしていません。なりすまして送るだけで犯罪で捕まることはあるのでしょうか?

 

回答

それによりそのご友人に損害が生じた場合、不法行為責任などが生じる可能性はあります。

今後は同じ行為はしない方が良いと思います。【佐山洸二郎】

 

質問5

チャットアプリで友達がふざけて送った文章が、援交や罵倒などで通報されてしまい、凍結になりました。

警察沙汰になりますか?

 

回答

その内容次第ですが、青少年保護育成条例違反や恐喝等に該当する可能性はあります。

警察沙汰になるおそれもありますので、今後は同じ行為はしないようにしてください。【佐山洸二郎】

 

質問6

TwitterのDMで、お金を払うからアソコを舐めさせてほしいという内容のものが届きました。

もちろんお断りはしまして、それ以降は何も返信などはありません。

これは送った側の人間は何かしらの罪に該当するのではありませんか?

 

回答

それだけで犯罪にはなりませんが、しつこいようでしたら、条例違反などには該当する可能性はあります。

ツイッターの規約違反にはなるでしょうから、違反報告をしておきましょう。【下田和宏】

 

質問7

Twitterに、胸の無修正画像をあげてしまいました。2分で消したのですが、逮捕されますか?

GPS機能は付いていない写真ですが、身バレや個人情報流出することはあるのでしょうか?

 

回答

自らのTwitterでアップロードしたなら、本人特定されることはあるでしょう。

ただ、逮捕事例はほとんどなく、在宅事件として捜査されていることが多いです。【杉浦智彦】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか