粘り強いお詫びにより、示談が解決した事例

罪名:強姦

期間:20日間

最終処分:不起訴

依頼者:被疑者の両親

 

1.ナンパが高じて

大学生がナンパした後、無理やり強姦したという事案です。

本人は、強姦罪で逮捕勾留されています。地方に居る両親から依頼を受けて、弁護活動を開始しました。

当初接見したときに、本人は、相手の同意があったと話していました。

しかし、現場の状況や、何より本人が友達に送ったメールの内容(強姦する意図があることが明記)から、争うことは困難に。

被害者も未成年の学生なので、被害者の親との示談を進めることになりました。

 

2.訪問しての謝罪

被害者の学生も地方から出て来ていた人なので、親は地方に居ます。往復するだけで1日仕事になるような場所です。

ただ、当方の誠意を見せる意味からも、遠いところにいるご家族を訪問することには意義があります。

当初は、娘を強姦されたということで、大変お怒りでした。絶対に許せないということを伝えるために、会って頂いたとのことです。

本件でも、訪問が2回、3回と重なるにつれて、相手の態度も緩んできました。

被害者の親御さんにも、娘の他に息子もいて、かなりやんちゃなところもあることなど、教えて頂けるようになりました。

自分の息子が同じような犯罪を犯したらということを考えたうえ、本人は許せないが、親のことを考えて示談に応じて頂けました。

粘り強いお詫びが、被害者様の気持ちを動かした事件として、記憶に残っています。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか