友人の娘さんと関係を持ってしまったが、示談で解決した事例

罪名:強姦

期間:20日間

最終処分:不起訴

依頼者:被疑者

 

1.12歳の少女と

友人の、12歳の娘と関係をもってしまったという事案です。相手の娘も同意はしていたことに争いはありません。

しかし、たとえ同意があっても、相手が13歳未満ですと、強姦罪が成立します。

強姦となると、示談等なされない場合、数年の実刑判決となる可能性が相当程度あります。

本件は、相手の親から告訴がなされ、本人は逮捕勾留されています。

勾留期間の満了までに示談し、告訴を取り下げて貰う必要があるのです。

 

2.親との交渉

当然のことですが、相手の親(依頼者の友人)は、相当腹を立てていました。

当初は、絶対に許せないという立場を崩しませんでした。

ただ、本件が裁判にまでなれば、まだ12歳の娘さんが更に傷つくことにもなります。

お金で解決できる話でもないでしょうが、今後のことを考えると、何とか示談で終わらせてほしいと説得を重ねました。

最終的には、8ケタもの金額になりましたが、示談で終わらせることができました。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか