強姦事件が逮捕から2週間という短期で解決した事例

罪名:強姦
期間:2週間
最終処分:不起訴
相談のきっかけ:父親からの相談

 

父親からの電話

最初の連絡は、父親からでした。

聞くと、息子が強姦で逮捕されたとのこと。

被害者が職場関係の女性という以外に情報がなく、分からないことばかりでした。

強姦罪は非常に重い罪ですし、詳しい情報を得るためにも、さっそく接見に行きました。

 

合意の有無

本人はかなり意気消沈していましたが、話を聞くと、相手の女性は嫌がる素振りをみせなかったため、行為に及んだとのことでした。

強姦や強制わいせつの場合、合意の有無が焦点になるものが多々あります。

「相手は抵抗もしなかったので、同意していると思っていた」という一方で、被害者側は「怖くて言い出せなかった」と述べるケースです。

 

示談交渉

このような事件の場合、最終的に争うかどうかは別として、基本的には示談を目指すことになります。

本件でも、被害者の女性、そして、若年の被害者に代わって、その保護者と、交渉を行いました。

交渉といっても、無用な駆け引きをするわけではありません。

同意があったと勝手に勘違いしていたこと、本人が反省していること、今後顔を合わせないための措置を考えていること、慰謝料もできる限り支払うこと、など丁寧に時間をかけて説明するのです。

 

告訴の取消、不起訴へ

当初は、強く処罰を望んでいた被害者側も、何度も話し合いの機会を持つことで、徐々に感情が軟化していきました。

そして、最終的に、もう二度と会わないことや、遠方へ引っ越すことなどを約束した上で、告訴を取り消してくれることになりました。

逮捕から2週間という短期での解決となりました。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか