痴漢の逮捕・起訴に関する質問11

質問1

痴漢において、被害届を出してからどんな動きがされるのかを知りたくてメールしました。

捜査途中(犯人が分からない段階)で、犯人が自首をしてきた場合、起訴・不起訴はどのくらいの期間で分かるものなのでしょうか。

また、不起訴になった場合、被疑者、被害者共にどのような対応がなされるのでしょうか?

 

回答

事案によりますので確定的なことは言えませんが、2〜6ヶ月程度はかかります。

不起訴の場合、被疑者には特に処分はありません。

被害者の方にも連絡は行くと思いますが、これも担当の検察官によると思います。【下田和宏】

 

質問2

クラスの男子で普段全く話さず、関わりがない男子なのですが、DMやLINEで胸のサイズを聞かれました。

こっちはやめてと行ったのですが、教えてくれたらこっちの秘密も教えると言われしつこく聞かれました。

また、お金払うからハグとキスをさせて欲しいと言われました。これって犯罪ですか?

 

回答

これ以上エスカレートするようであれば、強要罪などに該当する可能性はあります。

まずは、親御さんと先生のご相談いただくのがよいかと思います。【下田和宏】

 

質問3

朝夫から連絡があり、通勤ラッシュ時に痴漢と間違われ、事務所へ連れてこられたと連絡がありました。

その後折り返しがなく、どうなっているのか状況が全くわかりません。

痴漢冤罪は証明が難しいと聞きます。家族側で今すべき事があるなら対処したいのですが、どうしたら良いでしょうか?

 

回答

本当にやっていないのであれば、あくまで否認を続けるべきだと思います。

いずれにせよ、もし旦那様がそのまま逮捕等されているのであれば、弁護士に依頼した方が良いかと思います。

【佐山洸二郎】

 

質問4

駅構内で、小学校低学年くらいの女児の臀部をスカートの上から5秒ほど触り、そのまま改札を通り立ち去りました。

防犯カメラもPASMOの記録もあり、通報されていれば必ず私と分かってしまいます。

他の弁護士の無料相談を受けたところ、迷惑防止の方を前提に話されましたが、あとから考えると同種の事件では強制わいせつの容疑と報道されていることが多いように思えます。

また、まず任意で事情を聞かれるとのことでしたが、後日逮捕の報道をよく目にします。身元がそれなりにしっかりしていてもいきなり逮捕されるのでしょうか?

自首について悩み続けてますが、強制わいせつとなり、示談にも応じてもらえず起訴されるシナリオが恐ろしくて踏み切れません。

また、そもそも通報、捜査されていなかったのに自首したことで事態が悪化することも恐ろしいです。

 

回答

まず、ご相談者様の行為がどのような法に触れるのかという点ですが、ご相談者様の行為は、一般的には、迷惑防止条例違反にあたります。

その上で、強制わいせつ罪がさらに成立するかが、問題になると思います。

衣服の上からの痴漢で、強制わいせつ罪が成立するかは、触り方や服の薄さなど、具体的な事情によって異なってきます。

一般論でいえば、駅構内で衣服の上から臀部を触った場合も、強制わいせつ罪が成立する可能性を否定出来ません。

次に、後日逮捕のおそれにつきましては、迷惑防止条例違反であろうと、強制わいせつであろうと、後日逮捕される可能性はあります。

確かに、まずは任意で事情を聞かれるということも多いです。

しかし、女児の家族などが被害届を出し、事件が発覚し、証拠がある程度揃うといったような流れを経て逮捕される、といった可能性を完全に否定することは、出来ないと思われます。

後日逮捕は、逮捕状を呈示された上で、その場でされるものですので、要はいきなりという形になるのが一般的です。

ご相談者様のケースですと、当時の具体的な事情なども教えて下されば、より確度の高い見通しをお伝えすることが出来ます。

自首には逮捕のおそれが減る等のメリットもあり、自首するかどうか検討する上でも有用かと思います。【原田大士】

 

質問5

痴漢で現行犯逮捕される場合は、警察による初動捜査はしないのですか?

 

回答

現行犯逮捕かどうかにかかわらず、警察による捜査はなされるのが普通です。【佐山洸二郎】

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか