痴漢の逮捕・起訴に関する質問11

質問1

電車で、携帯をポケットに入れる際、誤って女子高校生のお尻に触れてしまいました。彼女はびっくりした様子でこちらを見て、携帯を取り出し、友人らしき人物に痴漢にあったことを説明しているのが見えました。その後は何もなく電車を降りたのですが、今後起訴や逮捕をされてしまう可能性などはありますか?

 

回答

いきなり逮捕ということはないと思いますが、警察が話を聞きに来る可能性はあるかと思います。【下田和宏】

 

質問2

私は痴漢にあい、警察に被害届を提出しました。
捜査開始日(犯行日)から4日後に犯人が自首をしてきました。
自首をしてきたため、起訴状を取らなければ逮捕はできないとの説明を受けました。
数時間後に起訴状は降りなかったとの連絡が入りました。
被害者である私は怖い思いをし、明るい時間帯でも背後の足音に怯える日々を送っているのに、犯人はあっさりと日常生活に戻ったということが納得できません。
犯罪行為をしたのに罰せられないのはなぜですか?

 

回答

逮捕はされないというだけで、最終的な刑罰の有無はまだ決まっていない段階と思います。
被害届を出されているのでしたら、少なくとも捜査は継続し、検察庁へ送致されるはずですので、
ご担当の警察官に確認された方がよろしいかと思います。【下田和宏】

 

質問3

痴漢において、被害届を出してからどんな動きがされるのかを知りたくてメールしました。
捜査途中(犯人が分からない段階)で、犯人が自首をしてきた場合、起訴・不起訴はどのくらいの期間で分かるものなのでしょうか。
また、不起訴になった場合、被疑者、被害者共にどのような対応がなされるのでしょうか?

 

回答

事案によりますので確定的なことは言えませんが、2〜6ヶ月程度はかかります。
不起訴の場合、被疑者には特に処分はありません。
被害者の方にも連絡は行くと思いますが、これも担当の検察官によると思います。【下田和宏】

 

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか