泥酔で記憶がないが、早期に示談ができ、書類送検まで回避できた事例

罪名:迷惑行為防止条例違反(痴漢)
解決までの期間:約2ヶ月
最終処分:検察官不送致(書類送検もされず)

 

飲み会で泥酔して記憶がないが、痴漢をしてしまったようだ・・・

泥酔して記憶がないまま、刑事事件を起こしたというケースはよくあります。

このケースも、依頼者が泥酔しており、被害者に咎められたことも、駅で降ろされたことも、警察署での初回の取り調べも、記憶がすべて断片的だったとのことです。

その日は、泥酔のため、家族に迎えに来てもらい、調書は取らず帰宅したとのことですが、今後どうすればよいか不安になり、当事務所に来所したとのことです。

 

泥酔案件で自白・示談すべきかどうか

このような事件の場合、自白すべきか、また示談すべきかの判断は非常に悩ましいです。

「やりました」とは言えない一方で、「やっていません」とも言えないからです。そのような場合、依頼者ともよく話しながら、「どうしても思い出せないが、被害者がそう言っているのであればそうだと思う。」という形で、被害者へのお詫びをすることがあります。

ただ、捜査機関は、「記憶がない」という供述を信用しませんから、それを理解してもらうことは簡単ではありません。

この事例では、被害者も泥酔の事実は認識し得る状況でしたので、警察には、「どうしても思い出せないが、被害者がそう言っているのであればそうだと思う。」と答えてもらい、加えて被害者に対して早期に示談をするという方針としました。

 

警察の協力もあり、早期の示談ができ、不送致に

このケースでは、警察の協力もあり、警察の段階で示談が成立しました。「記憶がない」という玉虫色の供述でしたが、被害者が「許す」といってくれたこともあり、書類送検もされず、事件が終わりました。

結論としては、前歴にもならず、非常によい結果になりました。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか