路上で寝ていた酔っ払いを引いてしまった事例

解決期間:1年2月

最終結果:執行猶予

 

1、まさか人が寝ているとは!

本件が起きたのは、夜中の零時近くのときです。幹線道路を運転していて、路上で寝ていた人をひき殺してしまったという事案です。

「まさか人が寝ているとは思えませんでした」という依頼者の言葉に嘘はないでしょう。

被害者は、飲酒をしていたようです。あとには奥様と小さな子供が残されました。

 

2、それでも起訴される

依頼者は、前科等もありません。これといった交通違反もない人です。

何とか起訴されないようにできないか、検察官と話しましたが、非常に厳しい。

後から現場検証をすると、注意して運転していれば、人が道路にいることはわかったはずであることは、間違いなさそうです。

 

3、できる限りの丁寧な弁護

本件は、被害者側への謝罪、保険会社と話しての十分な損害賠償の提供など、できる限りの対応をしてまいりました。

結果的には、執行猶予付きの懲役刑でした。あらためて、自動車運転の怖さを感じた事件でした。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか