盗撮

2024年02月20日

盗撮に関する質問(2022年8月18日~)

,

質問1 男性用の個室トイレでスマホを触っていると、誤動作でスクリーンショットをしてしまい、トイレにシャッター音が響いてしまいました。 小の所で1人用を足していたので、もしかするとその人に警察に通報され... 続きはこちら≫

2024年01月13日

2023年7月新設の撮影罪を弁護士が解説いたします

令和5年7月13日、撮影罪の規定が施行され、いわゆる盗撮行為だけでなく、人が見られたくない性的な姿を撮影する行為がより厳重に規制されることになりました。 撮影罪は、令和5年7月13日以降にされた違法な... 続きはこちら≫

2023年05月08日

警察が捜査しているかもしれないと不安な方へ

, , , ,

当事務所は、警察が捜査を開始していることが明らかな事案(逮捕・家宅捜索や警察での取り調べなど)の対応を中心にしております。しかしながら、犯罪を行ってしまったり、疑われてしまった可能性があるが、警察が関... 続きはこちら≫

2023年03月07日

盗撮事件の解決事例

1.検察官によって処分が違う? 他の事例を見せて不起訴となった事例   2.被害者不明で示談ができず、しかし不起訴になった盗撮事件   3.自首をして、不起訴になった盗撮事件... 続きはこちら≫

2023年03月07日

再度の犯行であるものの、早期釈放を実現し、示談によって不起訴となった事例

罪状:迷惑行為防止条例違反(盗撮) 解決までの期間:約1ヶ月 最終処分:不起訴 依頼者:母   事件発覚からご依頼まで 突然、弁護士の携帯電話に、数年前に盗撮で依頼があった方のお母様からの着... 続きはこちら≫

2022年08月18日

盗撮に関する質問(2021年1月31日~2022年8月18日)

,

質問1 ショッピングモールでの盗撮が見つかり、その場で警察の方が来て捕まりました。 その時動画を消してしまい、その場で盗撮したことを認めました。 スマートフォン、ハードディスクとノートパソコン、USB... 続きはこちら≫

2022年05月09日

盗撮に強い横浜の弁護士ー早期の相談で示談、不起訴へ

目次 1.弁護士への早期相談が示談・不起訴のカギ  ①逮捕からの初動が重要  ②「示談」ができれば不起訴に  ③悪質な場合も不起訴は可能  ④盗撮を否認する場合も、すぐに弁護士へ  ⑤会社や家族への発... 続きはこちら≫

2022年04月11日

被害者の家族が納得するまで話合い、示談をした事例

罪状:神奈川県迷惑行為防止条例違反(盗撮) 解決までの期間:3か月半 最終処分:不起訴 依頼者:本人   女子高生を相手にした盗撮事件 「とにかく被害者の方に謝罪をしたい。」そう言って自分の... 続きはこちら≫

2021年10月12日

盗撮事件において、被害者様の処罰感情が非常に強く、罰金刑となった事案

罪名:盗撮(迷惑防止条例違反) 最終処分:罰金刑     1 事件発覚からご依頼まで 本件は、商業施設のスタッフをしている依頼者が、建物内の女子トイレに侵入して女性をスマートフォン... 続きはこちら≫

2021年07月30日

女子トイレに正当な理由なく侵入したとして、男性が逮捕されたとの報道!?

,

1 男性が3ヶ月半前の建造物侵入事件で逮捕 商業施設の女子トイレに正当な理由なく侵入したとして、男性(35歳)逮捕されたという報道がありました。 男性は、女子トイレに2か所ある個室の1つに侵入した疑い... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか