労災事件としても解決した傷害事件

罪名:傷害

最終処分:罰金

解決までの期間:3か月

 

内容は普通のケンカ

この事件は、内容は至って普通でした。

口論が発展してケンカになり、傷害事件として立件されたというものです。

傷害事件の場合、被害者との示談できるかどうかが決定的ですが、本件では、相手方が非常に感情的になっており、到底示談はできないという状況でした。

 

むち打ちで1年の通院?

それでも、被害者側と面会ができることになり、話を聞くと、事件から1年もの間、治療を行っていたとのことでした。

損害賠償ということで明細をみせてもらいましたが、どうしても理解しにくい内容です。

ただ、診断書が出ているため、捜査機関もそれらを踏まえて、処分を検討していました。

 

結局「全治2週間」のケガに

開示を受けた明細を検察官に開示した上で、治療期間が明らかにおかしいことを伝え、交渉しました。

示談ができなかったため処罰は避けられませんでしたが、あくまでむち打ちとして、全治2週間のケガという内容での起訴で、罰金額も低額にとどまりました。

 

労災事件に

この事件で少し特徴的だったのは、被害者が業務中だったということで、労災事件になったという点です。

業務中だったため、労災が認められていましたが、労災は労働者保護と視点から、1年の治療期間を認め、休業損害など多額の支払いをしていました。

そして、事件後、その金銭を、こちらに請求してきたのです。

改めて、本件の合理的な治療期間は1,2週間程度であること、ケンカのため、被害者にも過失があることなどをよく説明したところ、具体的な支払いを行うことなく、終了しました。

労災事件になったという点で、少し特徴的な事案だと思います。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか