行き過ぎたナンパが、暴行罪とされた事例

罪名:暴行

結果:逮捕からの身柄解放・不起訴

解決までの期間:約2ヶ月

 

ナンパしただけのつもりが暴行罪に

相手がナンパを嫌がっているのかどうか? 普通に考えればわかるだろうと思いますが、現実にはなかなか難しいものがあるようです。

脈あり!と思って、しつこく付きまとったところ、警察に通報されたという事案です。 腕などをつかんで引き寄せたということで、暴行罪と認定されました。

本人は、誘っただけであり、暴行とは心外だと話しています。 しかし、被害者の通告で逮捕されてしまいました。

本件を無事に終わらせるには、本人に納得してもらうことが一番重要です。 このような事件の場合、被害者と加害者で、犯行内容にギャップがあることが多々あります。

しかし、基本的には被害者側の認識が正しいのだと思います、少なくとも、警察や検察、 そして裁判所(さらには、裁判員をはじめ一般の人達)も、そう考えています。

それを前提に弁護をしていく必要があるのです。

 

示談成立から不起訴へ

本件では、被疑者を説得し、了解してもらいました。 自分の記憶の方が間違っている可能性が高いということを。 その結果、勾留もされずに済みましたし、相手方との示談もできて、最終的に不起訴となりました。

弁護士の役割は、単に被疑者のいうことを代弁するだけではありません。 被疑者や被告人を説得して、「自分が間違っているかもしれない」ことに気が付いてもらうことも大切です。

そのような活動が、この不起訴の結果になったのだと思います。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか