法律・条例等の最新情報

2018年08月29日

司法取引(協議・合意制度)の概要

第1 概要 平成28年の刑事訴訟法改正、平成30年6月1日から施行 利益誘導すると証拠能力がなくなる、という前提の例外を制度化  ※『被疑者が、起訴不起訴の決定権をもつ検察官の、自白をすれば起訴猶予に... 続きはこちら≫

2018年07月18日

神奈川県迷惑行為防止条例

 神奈川県迷惑行為防止条例        (昭和38年7月12日 条例第26号)   改正 昭和59年12月27日条例第44号   平成4年3月31日条例第15号     平成13年12月2... 続きはこちら≫

2018年07月13日

働き方改革関連法案の概要

第1 労働基準法改正 1、労働時間の上限規制 現 状:原則1日8時間・1週間40時間 36協定で1週間15時間・1か月45時間・1年360時間まで残業可能 特別条項で実質上限なし 改正後:月45時間か... 続きはこちら≫

2018年07月09日

盗撮犯の処罰拡大!新・東京都迷惑行為防止条例の影響

1.新迷惑防止条例の施行 2018年7月1日から施行された、新しい東京都迷惑行為防止条例(正式名称は「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」)により、盗撮犯の処罰範囲が相当程度広... 続きはこちら≫

2018年01月30日

司法取引とは -弁護士が解説。示談や自白も?

1.司法取引とは? 「司法取引」とは、被疑者・被告人と検察官が「被疑者又は被告人が、刑事事件の情報提供するならば、検察官がその求刑を軽くし、又は起訴する罪の数を減らす」という取引をすることをいいます。... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか