銃刀法違反

2021年11月19日

銃刀法違反に関する質問(2019年6月28日~)

,

質問1 警察に家宅捜索令状を示され捜索に来ました。 「S氏を知っていますか?」と聞かれましたが心当たりはありませんでした。 20前くらいの事で「何か売りましたか?」 S氏は実銃を持っていたそうで、無稼... 続きはこちら≫

2019年02月06日

実家や遺品の中から、モデルガンや日本刀を発見した方へ

 お父様やお祖父様など、ご親族が残されていたモデルガンや日本刀を発見されたという問い合わせを受けることがよくあります。  そのままにしておくと、あなた自身が銃刀法に違反するということで、刑罰を受けるこ... 続きはこちら≫

2017年06月12日

銃刀法違反で捜査を受けたが、 弁護士の説得により送致されず終了した事例

罪名:銃刀法違反 結果:不送致(警察段階で捜査が終了) 解決までの期間:約3週間   1.カッターナイフを車に置き忘れ・・・警察から銃刀法違反で捜査が開始 車の中のカーテンを調整するため、カッターナイ... 続きはこちら≫

2017年06月09日

銃刀法違反の解決事例

1、銃刀法違反で警察の捜査を受けたが、弁護士の説得により送致されず終了した事例   続きはこちら≫

2017年06月07日

銃刀法違反

銃刀法違反は、銃砲又は刀剣類を所持することです。   銃砲とは、けん銃、機関銃、その他金属製弾丸を発射する機能を有する砲等をいいます。   刀剣類とは、刃渡り15センチメートル以上... 続きはこちら≫

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

上記フリーダイヤルにおかけいただいた際、まずは簡単にご相談内容をお伺いいたします。
その後、出来るだけ早めに弁護士から直接折返しのお電話(「045-680-0572」または弁護士携帯電話より)をさせていただきます。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか