窃盗に関するよくある質問

質問

万引きをしてしまい、返金を申し出ましたが、お店側に拒否され警察に通報されてしまいました。

どうすればよいでしょうか?

 

回答

お店に弁償と謝罪をし、警察にも反省の気持ちを伝えることです。

今後二度としなければ、1回目から罪に問われることは原則ありません。

 

 

質問

拾ったICカードを間違えて使ってしまいました。

返済したいのですが、持ち主が分かりません。

 

回答

間違って使ったということ自体、世間的には信じてもらえないことをまずは理解してください。

使用履歴が残るようなカードの場合は、発覚の可能性が高いので、正直に警察に届け出るのが良いと思います。

 

 

質問

バイト先のロッカーに置いてあったバッグからお金を盗ってしまいました。

返金したのですが、通報されて逮捕されることはありますか?

 

回答

返金して、事件自体が発覚しない場合には、警察に通報されること自体ないでしょう。発覚後にやむを得ず返金しただけでしたら、窃盗は既に既遂となっていますので、警察に通報されることは十分にあり得ます。

ただ、窃盗の前科があるような特殊な場合でなければ、それだけでいきなり逮捕されることは、通常はありません。

 

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか