飲酒運転に関するよくある質問

質問

酔った状態で車の中で寝てしまったようで、警官に声をかけられて目が覚めました。

飲酒運転の疑いをかけられているのですが、記憶がありません。

どうしたらよいでしょうか?

 

回答

場合によっては、言い訳が出来る状況もあるかもしれません。例えば「眠くなったので、運転は危険だと思い休むことにした。その際、よく眠れるようにお酒を、停車した車の中で飲んだ。」といった説明です。

ただ、常識的に考えてそのような説明が通用しない場合には、素直に認めて謝る方が良いでしょう。

現行犯でない以上、立件される可能性は低いし、増したそれだけで逮捕されることも考え難いからです。

 

 

質問

夜お酒を飲んで、いつも通り5~6時間寝て、朝運転したのですが、警察に呼び止められて呼気検査を受けたところ、酒気帯び運転と言われてしまいました。

どうすればよいでしょうか?

 

回答

検査で出た以上、下手な言い訳をしてもしようがありません。謝って、反省の気持ちを見せることです。

もちろん、情状面で意味がありますから、5-6時間寝ていたことは説明してください。

 

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか