窃盗・万引きの自首をするメリットを弁護士が解説

1.窃盗はどのように発覚するか

窃盗でも、万引犯の場合は、事実上現行犯による逮捕がほとんどです。
ただ、目を付けられている人の場合、防犯カメラの分析などを通じて、後から逮捕されるケースも少なくありません。

 

 

万引き以外の窃盗ですと、防犯カメラの情報により、犯人が特定されることなどよくあります。
さらに、下着窃盗などの場合、近隣者が目撃していて、それが逮捕につながるようなことも頻繁に起きています。
現在は科学捜査が発達しているので、後から事件が発覚して、逮捕に至るケースが非常に多いと言えます。

 

2.警察から連絡があった場合の対応法

警察から連絡があった場合、身に覚えがあるならば、聞かれた案件については正直に話すべきです。
変に嘘をついたりすれば、かえって情状が悪くなりますし、その後話すこと全て疑われてしまうことになります。

 

そして、なんといっても速やかに弁護士に相談・依頼をすべきです。
窃盗で余罪があるような場合、ウソをつくことはできませんが、全てを馬鹿正直に話す必要もありません。
何をどこまで話すのかを含めて弁護士に相談することになります。
また、被害者への謝罪、賠償なども、弁護士を通して素早く行うことで、その後の刑事処分に影響が出てきます。

 

3.窃盗罪において弁護士と共に自首をするメリット

 

窃盗の場合も、たとえ万引きであっても、後から逮捕される恐れはあります。
まして、他人の建物に侵入しての窃盗や、公共の場所での置き引き等の場合、逮捕される可能性は非常に大きいです。

 

そんな中で、弁護士と共に自首することで、逮捕といった厳しい対応をまぬかれることが可能となります。
また、自首したことで、刑が軽くなること、場合によっては不起訴となることも期待できます。

 

4.自首同行の経験豊富な弁護士へ

当事務所では、窃盗をはじめ多くの刑事事件で、自首同行を取り扱ってきました。
一般の方からすれば「自首」というと身構えてしまう部分も多いと思います。
本人だけで警察に出頭するのは不安が大きいことはよく理解できます。

 

予め弁護士に自首同行を依頼すれば、警察と密に連絡をとり、逮捕を避けるように要請していきますので、その点でもご安心をいただけます。
「いつ警察に逮捕されるかわからない」という不安を出来る限り早めに払拭するためにも、当事務所での自首同行をご検討いただければと思います。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。