詐欺の逮捕・起訴に関する質問

質問

振り込め詐欺のグループに所属していました。

自分では、お金の引き出し程度の補助的役割しかしていないのですが
詐欺罪で執行猶予は付かないのでしょうか。

回答

振り込め詐欺の場合、社会的影響及び損害額の大きさから、たとえ初犯で、補助的な役割しかしていなくても、実刑判決が出される可能性が高いといえます。

質問

クレジットカードを盗んで、それで買物をした場合、窃盗罪と詐欺罪の両方にあたると言われました。何故詐欺罪にもなるのでしょうか。

回答

本当はカードを使用できるものではないので、騙してカードを使用して買物をしたので、詐欺罪ともなるのです。

質問

詐欺罪でも、程度が軽い場合は罰金刑で終わることはありませんか。

回答

窃盗罪には罰金刑がありますが、詐欺罪には罰金刑はありません。従って、いくら被害金額等が小さな詐欺事件でも、罰金刑になることはありません。不起訴となるか、起訴されて懲役刑となるかのいずれかとなります。

質問

詐欺罪で、不起訴となるのはどの様な場合でしょうか。

回答

犯行態様や前科の有無など総合考慮されることになります。ただ、被害額が少ない場合や、被害弁償がなされた場合には、不起訴となりやすくなります。

質問

詐欺罪で起訴された場合、通常執行猶予は付くのでしょうか。

回答

初犯で被害弁償が現実になされているのならば、執行猶予が付く可能性が高いといえます。

質問

帰宅途中に警察の方に職務質問をされた際、自分の乗っている自転車が、盗難届が出ている自転車だと判明。私は、以前、鍵をなくした際に、当該
自転車の鍵を駐輪場で工具を借りて壊し、自分のものと思い、昨日まで乗り続けていました。警察官の方には、被害届も出ているために、窃盗罪は免れない。また、
駐輪場のスタッフに他人の自転車を自分のものと報告し、工具を借りたために詐欺罪も付くといわれたのですが、どのようになってしまうのでしょうか。
現在大学3年で就職活動中であり、前科がつくと就職活動にどのように響くかについてもお教えいただきたいです。なお、私に前科は一切なく、今まで事件に巻き込まれた経験もありません。助けてください。よろしくお願い致します。

回答

自分の自転車だと信じていたのならば、窃盗罪は成立しません。自分の持っていた自転車が、結果的に人の物だった自転車と、非常に似ていることが証明できれば、それほど心配することはないはずです。工具を借りたことで詐欺罪が成立するということは、まず考えられないことです。現場の警察官は、信じられないようなことを言って脅かすことがあります。堂々と工具を借りて鍵を壊したということは、自分のものだと信じていた証拠とも考える方が普通だと思います。仮に、窃盗罪だとした場合でも、十分に反省を認めてもらえれば、罰金を払って終わる可能性はあります。さらに、被害者に謝罪して許してもらえれば、不起訴となることも十分に考えられます。
どちらにしても、大学や就職先にこれらの情報がいくことは、通常考えられませんので、たとえ罰金刑などになったとしても、それほど心配する必要はないと思います。

質問

息子が振り込め詐欺の主犯格として逮捕され、裁判の結果、求刑12年で11年6カ月の判決が出ました。息子の知人が弁護士をつけてくださったのですが、着手金だけでその後の費用を払っていないこともあり、面会にも私たち家族への説明も十分でなく、あまりの重刑に控訴しようか迷っています。諸事情により、心象はかなり悪く、その辺のことを弁明する術も知らされず、機会もなかったようです。控訴による減刑の可能性について、如何思われますか?情けない事ですが、母親としてどうしてやることが息子のためになるのか迷っています。振り込め詐欺撲滅のさなかなので、このような相談への回答を掲載することは非常に難しいと思いますが、ご回答よろしくお願いいたします。

回答

詳細が分からないので、はっきりしたことは言えません。しかし、一般的にふり込み詐欺事件の刑罰は非常に重いものがあります。単に末端で手伝っただけで、それほどの分け前をもらっていない場合でも、数年の実刑判決は出ます。息子さんの場合、主犯格ということですから、11年6ヶ月の判決も十分にありえるもののように感じられます。もちろん、弁護士のやり方にご不満があるのは分かります。もう少し、弁護の仕方を考えていたならば、懲役10年程度になった可能性もあるのかもしれません。しかし、一審で懲役11年6ヶ月の判決が出た以上、それが控訴審で覆る可能性は非常に低いものと考えます。(多数の被害者に、相当程度の弁償をするなどのの事情があれば別ですが。)以上、ご参考になれば幸いです。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。