薬物事件の解決事例

1、国選弁護人から切り替えて執行猶予を獲得した事件

 

2、尿から覚せい剤が出た執行猶予中の被疑者が不起訴になった事件

 

3、覚せい剤を誤って摂取した可能性を示して、不起訴を勝ち取った事例

 

4、覚せい剤常用者の保釈が認められた事例

 

5、尿検査で反応が出たが不起訴になった覚せい剤使用事例

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか