2回の同種前歴があったのに再度不起訴になった事例 罪状:窃盗罪

罪状:窃盗罪
解決までの期間:4か月
最終処分:不起訴

2回の前歴

ここ数年で2回、万引きをしてしまっていた方が、

再度、万引きをしてしまったという相談がありました。

しかも、被害額は3万円程度と非常に高額で、

警察からも、最低でも罰金は免れないし、逮捕も考えられた、

といわれる事案でした。

お店への謝罪

お店はチェーン店でしたので、示談は非常に難しいところでした。

弁護人の方で確認し、何度か交渉したところ、

刑事事件の処分後であれば、被害弁償も検討するとのことでした。

そこで、その旨と、事件後もしっかりとお詫びする旨を報告書としてまとめ、

検察官に提出しました。

専門機関への受診

前歴があるとはいえ、数年間に渡ってですから、

いわゆる「クレプトマニア」とは言いにくい事案でした。

それでも、本件を深刻にとらえ、今度こそ最後にする、

という強い意思を示すため、専門のクリニックを受診してもらい、

その診断書や今後の方針についても、検察官に報告しました。

不起訴へ

その結果、検察官も当初は、少なくとも罰金は取る考えだったようですが、

最終的には、反省状況を含め、不起訴となりました。

前歴があり、被害者との示談も成立しなかったにもかかわらず、

再度、不起訴となった事案として印象に残っています。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)