静岡県で自首することで不起訴処分となった事例

解決までの期間:半年

最終処分:不起訴

依頼者:本人

自首の難しさ

自首は本当に難しい事件です。

自首が刑事手続に良い影響を与えることは明らかですが、最終的に自分の罪を認めるのは、本人の役割です。

自分から罪を認め、警察に出頭し、自分の処罰を求めることは、どれだけ勇気の要ることかと思います。

迅速な行動

しかし、本当に自首という重い決断をしたのであれば、事は一分一秒を争います。

弁護人側の準備不足によって後手に回り、自首が遅れれば、法律上の自首の要件を満たさなくなる可能性もあるからです。

遠方の自首

そして、それは遠方であっても変わりません。

本件は静岡県の事件でしたが、電話で綿密な打合せをしつつ、速やかに警察と連絡を取り、直近の日程で、弁護人付き添いの上、出頭を行いました。

遠方の事件でしたが、なんとかスケジュール調整を行ったのを憶えています。

自首のメリット

自首をしたことで、本件では、在宅のまま進められることになりました。

やはり、身柄拘束をされないというのが、自首の一番のメリットかと思います。

続けて、在宅のまま検察庁に送致されましたが、担当検察官との面会や、被害者へのお詫びなど、

いずれも現地に赴き、しっかりと行ったところ、最終的に不起訴処分となりました。

自首のメリットを大きく得られた事件として印象に残っています。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。