男女交際の喧嘩で逮捕されたが、無事不起訴となった事例

罪状:器物損壊罪
処理までの期間:約1ヶ月
最終処分:不起訴

息子が警察に呼び出された

ご家族からの第一報は、逮捕されたというものではなく、息子さんが同居している彼女と喧嘩をし、その彼女の携帯電話が壊された関係で警察に訴えられたので、どうしたらいいかということでした。

これまでご両親から聞く限りは暴力等を振るうような人ではないとのことでしたので、とりあえずは状況を見守るべきと伝えていました。しかしながら、その後もう一度電話がかかってきて、今度は逮捕されたとの連絡でした。

DV絡みの器物損壊は極めて厳しい

逮捕されたため、私はご家族より依頼を受けました。その足で本人に接見をし、さらに検察官にも事情を聞き取ったところ、これまでに2回、彼女さんが警察にDV相談に行っていたということが明らかになりました。

DVが事実であろうがそうでなかろうが、事前に相談にいっていたような場合、捜査機関は、今後の事件の発展を怖がり、速やかに逮捕しようとします。さらに、起訴するということも十分考えられます。

そこで私たちは、被害者と示談をしていく形で対応しました。

遠方にいる被害者との接触。そして示談

被害者様は、この事件を受けて遠方に逃げていました。そこで私たちは、遠方まで向かって示談交渉に行き、無事示談にこぎつけることができました。

なお、この示談のとき、被害者様ご本人から、「本気で訴えるつもりはなかったけれども、警察官が告訴状を出してくれというから仕方なく・・・」という話を聞きました。これほど、警察官はこのようなDV案件に必死に取り組んでいるのです。

示談による不起訴へ

示談できたことにより、この事件は無事不起訴となりました。

なお、捕まった息子さんと被害者が同居していた関係で、捕まった息子さんの荷物が被害者の下に残されていましたが、その処理も私たちが行うことでサポートを致しました。

誰にでも身近に迫りつつある犯罪で、このようにサポートをし、無事不起訴にできたということで、お客様に安心してもらえた、そういった思い出深い事件でした。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。