タクシーでのトラブルで逮捕されたが不起訴となった事件

解決までの期間:1週間

最終処分:不起訴

依頼者:

酔っ払ってタクシーの運転手を殴ってしまった

「主人がタクシーの運転手さんを殴って現行犯逮捕されてしまいました」

電話口の奥さんの声は非常に慌てていました。

歓送迎会や忘年会などのシーズンになると、このような事件は多くなるのですが、この事件も、職場の懇親会の帰りということでした。

タクシーでの犯罪は大事件になりうる

タクシーでのトラブルというのはよくありますが、弁護士からするとかなり警戒します。

一歩間違うと、大事件になってしまうからです。

というのも、「道を間違えた」とか「遠回りされた」とか、運賃を巡って運転手と口論になることはよくある話ですが、酔っ払っていてつい殴ってしまうなどすると、場合によって強盗にもなりうるからです。

これで怪我でもすれば、強盗致傷で裁判員事件となってしまいます。

私は、一抹の不安を抱えながら、すぐに接見にいきました。

早期の示談

本人の話を聞くと、まさによくあるタイプの事件で、運転手と口論となり、かっとなって殴ってしまい、犯罪防止用の運転席と客席を仕切るボードを破壊してしまったとのことでした。

その時点では、器物損壊と傷害でしたが、今後どうなるか分からない事件です。

 

私は、早期の示談のために、すぐにタクシー会社に連絡し、被害弁償や示談交渉のために会社を訪問しました。

そして、本人がひどく酔っていて悪気はないこと、心から反省していること、今もまだ勾留されていること、ボードやなどよく説明したところ、運転手と会社社長は、むしろ本人に同情し、反省の気持ちは分かったので、早く釈放してほしい、という嘆願書までもらうことができました。

満期を待たず釈放

私は、嘆願書を持って検察官にかけあい、このような事件における被害者意思の重要性、本人の仕事に与える影響をよく説明した上で、直ちに本人を釈放し、不起訴とするように求めました。

これを受けて、検察官も迅速に対応し、勾留の満期を待たずに本人は釈放され、最終的に処分も不起訴になりました

 

早期の釈放となったことから、本人は職も続けることができ、無事、社会復帰もすることができました。

捜査段階の刑事弁護は、とにかくスピードが重要である。このことを再認識した事件でした。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。