勾留・身柄解放・保釈の解決事例

当事務所では、これまで、多くの案件で、早期に対応し、身柄を解放してきました。その一例を、ここにご紹介します(特定を避けるため、一部の事実については変更を加えています。)

 

1、完全否認事件での身柄解放

 

2、酔っ払って暴行をしてしまった人の身柄解放

 

3、特殊器具を使っての盗撮事件

 

4、執行猶予中の同種犯罪での身柄解放

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。