示談が成立し、事件化を避けることができた事例

罪名:横領

会社のお金を取ってしまった

小規模の会社に勤めていたご依頼者様は、経理を始め、業務運営の全般を任されていました。

そのような状況を利用して、多額のお金を横領してしまったとのことで、ご相談にいらっしゃいました。

多額の請求

横領が社長にばれ、多額の請求をされているということでしたので、先方から提示された書面を見せてもらいました。

そうしたところ、横領した金額だけでなく、委託されていた業務をしっかりやっていなかったということで、その損害賠償を含めた数千万円の請求がなされていました。

綿密な調査

ご依頼者様の記憶と、先方から請求されている横領額に相当な開きがありましたので、まずは綿密な調査を行い、実際の横領額を把握することにしました。

こういった事件は、様々な資料が会社側にあるため、調査できないことも多いですが、本件は幸いにも、業務運営の全般を任されていたため、手元にほぼ全ての資料がある状態でした。

膨大な資料の中から一つ一つ紐付けを行い、着服額が先方の主張には到底及びそうにないことが分かりました。

続く交渉

先方にも代理人がつき、横領額及び損害賠償額について、何度もやりとりが行われました。

資料を精査しても、着服したのかどうなのか分からないグレーな部分が残っていましたので、その部分を中心に激しい応酬が続きました。

このやりとりは、約1年半に渡り、お互いに15通ほどの書面を出し合うまで続きました。

公正証書の作成

厳しい交渉の中でも何とか妥協点を見つけ、少しずつ言い分を詰めていったことで、ようやくお互いに納得できる水準になりました。

当初請求されたのは数千万円でしたが、最終的には、1千万円に満たない額にまで減っていました。

先方の代理人弁護士のいる東北まで出向いて公正証書を作成し、無事、示談成立となり、ご依頼者様は刑事告訴されないこととなりました。

途中、何度も交渉が決裂しかかりましたが、粘り強く交渉を続けた結果、なんとかご依頼者様のご希望通りの結果となった、印象深い事案でした。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。