文房具店での横領事例

事件:横領・窃盗

解決までの期間:約60日

最終処分:示談で解決 刑事事件とならず

依頼者:本人

 1 棚卸での不正

文房具店や書店など、非常に万引きが多い業種と言われています。万引きによる損害で、倒産したな届いう話も聞きます。

本件では、店の事実上の責任者が、万引きによる被害により、業績が下がるのを隠すために、棚卸の際に帳簿を操作したところから、事件が始まりました。その後、自分でも商品などを持ち出したうえで、隠ぺい工作を続けたというものです。

2 事件の発覚

長い間本件は発覚しませんでしたが、本人が不在のときに棚卸がおおなわれ、これまでの不正が明るみに出ました。ただ、相当額の窃盗(横領)とは別に、万引き被害の隠蔽もあり、損害額は必ずしも明らかではありません。また、事実上全ての損害を賠償させるのは、かなり難しいという事情がありました。

3 親族の援助と示談

示談をして、刑事事件といない代わりに、親族から一定の援助を受けて、相当額の損害を賠償するという方向で示談交渉を進めました。会社側も相当強硬な姿勢でしたが、刑事事件化しても、立証に手間暇時間と費用が掛かることから、民事上の賠償を受けることを優先して貰えることになり、最終的には示談がまとまり、刑事事件化せずに終了しました。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。