同一被害者への余罪多数の住居侵入窃盗が示談により不起訴となった事例

罪名:住居侵入・窃盗

最終処分:不起訴

解決までの期間:約一ヶ月

突然息子が警察に逮捕された

「突然、女性の衣類を盗んだということで、警察が来て息子が逮捕されてしまったんです」

不安な状況のなか、当事務所まで電話をいただき、その日にすぐ弁護士が息子さんに面会に行きました。

大量にある同様の余罪→示談に向けた交渉へ

息子さんに接見をすると、捕まった事件のほかに、おなじ被害者に対して同様の犯行を何回も行なっていたとのことでした。

基本的に、そのような事例では身柄の解放自体難しいといえます。

そこで、身柄の解放活動は行うとともに、すぐに示談に動き出すことにしました。

示談の交渉は難航したが

身柄の解放は結局できませんでした。

しかし、示談の意向があると検察官に伝え、検察官の協力も得て、被害者の親族と接触することができました。

そこで、被害者にはもう接触しないことなどを伝えて安心してもらい、引っ越し等を含め、示談をなんとか成立させることができたのです。

無事不起訴に

示談が成立したため、この案件は不起訴になりました。

犯行自体は悪質で、正直、示談が成立しなければ、懲役刑の可能性もあったでしょう。

しかしながら、早期に検察官と話をし、示談に向けて話をすることができたので、不起訴となったのです。
早期に弁護士が活動する大切さを知った事件でした。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。